まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

ピッチショットで寄せワンを獲ろう!

アプローチ

2018年5月7日 / 2018年9月18日更新

ピッチショットで寄せワンを獲ろう!

今回は、前回に続いてTさんです。
カラーまで1メートルくらい。ピンまでは10メートルくらいの場所からのアプローチです。
では解説していきましょう

ピッチショットの中でも、ヒールを浮かせて構えるいわゆる『トレビノ6IP』です。
ウェッジ等を使って、パターのような打ち方をします。
1ですが、この構え方でほぼOKなのですが、ボール位置がNGです。
もっとトゥ寄りで構えないと、ヒールを浮かしているためフェースセンターで構えてしまうと、浮いている分トップが出やすいです。
事実、Tさんはトップばかりが出てしまいました。
2~3では、フェースが開いていくのが良く分かります。
パターを打つ時に、フェースを開くことはしないですよね?
そのせいで肩が廻ってしまっています。
パッティングと同じで、肩を廻さないことが大事なのです。

4では青い線で示したように、ヘッドが地面から結構離れてしまっています。
パターと同じように打つのですから、ヘッドは低く引かないといけないです。
だから1~5で、左手首の形が変わってきてしまっています。
そうすると、6ではヘッドが浮いてしまい(青い線)トップになります。
このう打ち方をするときは、肩を廻さず、フェースはターゲットに対してスクウェアに低く引き、低いままターゲットに対してまっすぐヘッドを出します。
そうすれば、数メートルをピッチ(キャリー)し、あとは転がっていってくれます。
転がる距離は、上がる高さによって個人差がありますので、練習場等で確認してから試してみてください。


まとめ
ウェッジ等を使ったチッピングショット
パターと同じ長さで、パターと同じ構えをする。
必然的にヒールは浮く。
ボールはトゥ寄りで構え、センターで打とうとしてはいけない。
センターで構えると、トップが出やすく、トゥ寄りで構えでセンターで打とうとすると、引っかけが出やすい。
テイクバックは、肩を廻さず(パターと同じ)低くターゲットに対してスクウェアに引く。
低いままインパクトし、フェースを上げずに(低いまま)フォローを出す。


いかがでしたか?
このピッチショットを覚えれば、ザックリやトップが減らせます。
一度試してみてくださいね。

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ