まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

朝1番のティーショットで緊張してしまうという方へ

初心者のためのゴルフレッスン

2015年3月6日 / 2018年9月21日更新

みなさん、こんにちは。
ゴルフを楽しんでいらっしゃいますか?

さて、楽しみにしていたラウンド。
でも、朝1番のティーショットとか、あるいはコンペなどでたくさんの人の前で打つとなると、緊張しますね。
でもね。緊張しないように!と考えると、逆に別の筋肉が緊張してしまいます。
緊張している筋肉と、緊張をほぐそうとする筋肉は別系統なんですよ。
だから『緊張しちゃいけない』と考えれば考えるほど、2系統の緊張が生まれてしまうんです(笑)
ですから、朝1で緊張しているな・・・と自覚したら、『自分は緊張しているんだ』と肯定してしまいましょう。
緊張するのは仕方ないじゃないか!と、開き直ってしまいましょう。
最初から緊張していることを肯定しているのですから、それ以上緊張することはなくなるでしょう。

で、ショットですが、私から2通りのアドバイスをさせて頂きますね。

1:笑顔で打つ。(フィニッシュまで笑顔のままで)
  笑顔になることによって、首筋の筋肉が緩み、 過度に緊張できなくなります。
  つくり笑顔でかまいません。笑顔になる顔の筋肉を使うことが重要なのです。
  あなたの前には誰も居ないはずです(マナー上)から恥ずかしがらずに
  笑顔でショットしてみてください。

2:舌をチョッと出して、前歯ではさんで打つ。(フィニッシュまで舌は出しっぱなし)
  歯で舌をはさむと、奥歯を噛み締めることができなくなくなります。
  噛んでしまったら、舌が痛いですから(笑)
  奥歯を噛み締めない=舌を出していることで、りきみを防ぐことができます。

もう少し付け足すなら、『どこに打とう」ではなく、コースの右半分に打ちたいのか左半分に打ちたいのか。
その程度の精度でいいと思います。
『なになにせねばならない』=have to が多くなると、ゴルフって難しくなってしまいます。
『こうなればいいなぁ』=I will が多いほど、リラックスしてプレーができますよ(笑)

いい季節になってきました。
みなさん、ゴルフを楽しんでくださいね!

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ