まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
川邊暁美

ビジネスに生かすスピーチ指導のプロ

川邊暁美(かわべあけみ)

言の葉OFFICE かのん

お電話での
お問い合わせ
090-9162-7039

コラム

披露宴での主賓のスピーチ(3)

誰かがスピーチをしているとき、あなたはどこに注目しますか。その話を共感を持って聴くことができるかどうかには、「話の内容」だけではなく、「目から入る印象」も影響しているはずです。ことば以外のコミュニケーション・ツールを上手に使って、聴き手を味方につけましょう。
≪ことば以外のチェックポイント≫
○全体の印象
 全身から漂う風格、自信にあふれた態度などは信頼感につながります。逆に、自信なさそうに背を丸めていたり、視線が落ち着かないと、聴き手に不安や不信感を与えてしまいます。鏡やビデオを使って、話しているときの態度や印象、服装・身だしなみなどをチェックしてみましょう。
○姿勢
立って話をするときは、肩の力を抜き、自然に手を身体に添って降ろすか、軽く前で組みます。背筋を伸ばすと、見た目が美しいだけでなく、身体が安定するので声も出やすくなり、気持ちも落ち着きます。たとえ、自信がなくても、背筋を伸ばし、さっそうと登場しましょう。 
○ボディーランゲージ
オーバーアクションになってはいけませんが、「本日は本当におめでとうございます」と言うときに、しっかりと新郎新婦の方に身体を向けてアイ・コンタクトを取る、「この佳き日を迎えられたことを心から嬉しく思っています」と言うときに胸に手を当ててみる、「さて、皆さん・・・」と言うときには、顔を上げ、ゆったり全体を見渡すなど、視覚に訴える表現を自然に使いましょう。また、豊かな表情で話すと、声の表現も豊かになります。
○視線
できるだけ、聴き手に視線を向けて話をすることです。ずっと手元のメモを見ているのではなく、聴き手と視線を合わせ、相手の反応を受けとめながら、話をしましょう。頷きながら熱心に聴いてくれる「こっくりさん」を見つけ、その人に語りかけるつもりで話すと自信を持って、落ち着いて話をすることができます。

次回は、披露宴スピーチの文例に沿って、これまでのポイントをまとめてお伝え致します。
来週水曜日に配信予定です。
尚、〈言の葉OFFICEかのん〉では、「披露宴に向けた短期集中パーソナル・レッスン」も提供しております。ご相談はお問い合わせフォームからどうぞ。
言の葉OFFICEかのん



*。~ .:*。 ~.*。~ .:*。~ .*。~ .:*。 ~.*。 
★経営者・士業・講師業の方に特にオススメ!
説得力のある声、話の構成、言葉の選び方など
「伝わる声と話し方」の「パーソナル・レッスン」を実施しています。★

“ビジネスに生かすスピーチ指導のプロ”
  川邊  暁美 
言の葉OFFICEかのん 
*。~ .:*。 ~.*。~ .:*。~ .*。~ *。~ .

この記事を書いたプロ

川邊暁美

川邊暁美(かわべあけみ)

川邊暁美プロのその他のコンテンツ

Share

川邊暁美プロのその他のコンテンツ