まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
川島英雄

交通事故・医療事故の被害者を守る法律のプロ

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

コラム

交通事故 ~弁護士が交通事故?~

交通事故

2013年9月13日 / 2017年11月11日更新

交通事故で弁護士?

 交通事故事件の依頼者さんから、たまに、「弁護士さんが交通事故で何かしてくれるとは思わなかった」「大きな被害を受けて裁判するときだけ頼むのだと思っていた」といわれることがあります。
 これは、弁護士の立場からするととても意外なことです。
 保険会社が出てくる場面が多いからなのか、弁護士が、裁判の前の段階、事故直後のころから、交通事故の場面に深く関わることができるということが、意外に知られていないのです。

保険会社はあなたの味方ですか?

 このコラムを見たみなさんには、これだけはよく知っておいていただきたいということがあります。
 それは、自分が交通事故の被害者になったとき、相手の保険会社はあくまでも相手側の味方であって、あなたの味方ではないということです。

 保険というものは、何かが起きた時の備えとして加入するものです。
 自動車保険は普通、「事故を起こして被害を与えてしまった相手への高額の賠償金の支払いに備えるためのもの」です。自分の自動車にかける保険は、加害者になってしまったときのためにかけておく保険です。自分の被害をカバーする保険は、あくまでもおまけです。だから特約になっていることが多いのです。

 ですから、あなたが交通事故の被害者になったときに出てくる保険会社というのは、通常は加害者側の保険会社です。
 この場合、その保険会社にとってお客さんにあたるのは、保険料を支払っている加害者の側となります。
 ですから、たとえ被害者に親身に対応してくれているように見えても、実は「相手側の味方」という立場は動かせないのです。
 こうやって立場をよく考えてみれば、保険会社の担当者の言い分を鵜呑みにしてはいけないということが、ご理解いただけるのではないでしょうか。

弁護士がお手伝いできること

 弁護士は、損害賠償を求める裁判もしますが、裁判だけやっているわけではありません。

 裁判でのノウハウがあるので、裁判になった場合にどのくらいの賠償金を得られる見込みがあるのか、試算して、アドバイスすることができます。
 裁判前に、相手方の保険会社と、代わりに交渉することができます。
 訴訟や相手方との交渉だけでなく、自賠責保険の請求や、後遺症の認定申請をお手伝いすることもできます。
 事故直後や治療中にも、治療にあたってどんなことに気をつけたらよいか、相手方の保険会社とどのように対応したらよいかなど、様々な点でアドバイスをすることができます。
 
 交通事故に遭ってしまったときは、ぜひ、早めに、弁護士に相談してください。

*************************************
札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
紛争予防のため、ぜひ早めにご相談ください。
http://www.ozoralaw.com/
困ったときのお役立ち情報も掲載しています。
http://www.ozoralaw.com/trouble/
*************************************

この記事を書いたプロ

川島英雄

川島英雄(かわしまひでお)

川島英雄プロのその他のコンテンツ

Share

川島英雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄

札幌おおぞら法律事務所

担当川島英雄(かわしまひでお)

地図・アクセス

川島英雄プロのその他のコンテンツ