マイベストプロ広島

コラム

OVER50 素敵に輝き続ける人たち

2022年11月12日 公開 / 2022年11月17日更新

テーマ:プロに学ぶ美の基本♪

コラムカテゴリ:美容・健康



そう最近のOVER50。とても素敵に輝いている方が多くなったと思いませんか?
ヘアスタイルやメイク、コーディネートなど自分らしく自由に演出していてとても個性的。
今の10代や20代の同じスタイルを好む世代とは逆で「人と違う」ことを求めてきた世代だからかもしれませんね。

「ポジティブエージング」という言葉も良く耳にするようになりました。
加齢を恐れず、老化のスピードをゆるめながら素敵に年を重ね、
いつまでも若々しくあることが本来の美しさであるという考え方です。素敵ですね。
特に老化が現れやすい「肌・脳・筋肉・骨」の4つのパーツは
「食事・運動・睡眠・ストレス」を改善することでそれぞれの機能が高まり、
老化のスピードをゆるめることができると言われています。

長引くマスク生活 顔のたるみは要注意!



私もOVER50。美容の仕事をする一人として「肌の老化」を実感しながら抗う日々ですが、
特に長引くマスク生活での「顔のたるみ」は要注意!さらに老けた印象を与えてしまいます。
「たるみ」のおもな原因は紫外線や加齢により真皮の弾力性がなくなり皮膚の脂肪が
下がることですが、マスク生活で顔の表情を作る表情筋が衰えたことも主な原因です。

【たるみかも?のチェックポイント】
*最近、二重あごになった。顔の輪郭が四角い印象に変わった。
*アイブロウが描きにくくなった(左右があわせにくい)
*上まぶたが下がってきた。
*口角が下がって機嫌が悪そうに見える。
*ほうれい線が目立つようになった
*アイラインが描きにくくなった
*肌にハリを感じない

40代から気がつかないうちに起こる「顔のたるみ」ですが、
紫外線カットや保湿ケアなど日々のお手入れと表情筋を鍛えることで予防ができます。



例えば、毎日のスキンケア。美容液や保湿クリームでお手入れをする時に、
顔の筋肉に沿ってマッサージするように指を動かしたり、化粧水をたっぷり含ませたコットンで
フェイスライン、前頭筋のおでこ、マリオットラインの口角下制筋を引き上げるように
パッティングしたりすることで筋機能を高める効果があります。

そして、表情筋が活発に動く笑顔を絶やさない生活も大切です。
一人でいるとついつい無表情になりがち。
頬骨筋と口角を上げるよう意識すると表情も美しくたるみ予防にもなります。
とは言えマスクを外して大笑いができる以前の生活に早く戻りたいものです。

お肌やメイクでお悩みのみなさま!クルールのメイクレッスンでお悩み解決!
美しく変わっていく自分に思わず笑顔になってしまうそんな楽しいレッスンです♪

パーソナルメイクレッスン
1dayメイクレッスン
おでかけヘアメイク
クルールウェディング

この記事を書いたプロ

斎原晶子

一人ひとりの魅力を引き出すヘアメークのプロ

斎原晶子(有限会社 スタジオクルール)

Share

関連するコラム

斎原晶子プロのコンテンツ