まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

コラム

『高年齢者雇用安定助成金の改正について』

銀行融資・補助金

2016年3月30日

「高年齢者雇用安定助成金」は、60歳以上の雇用保険被保険
者を1年以上雇用している事業主が、高年齢者の活用促進のた
めの雇用環境整備を実施する場合に助成金が受けられるという
ものです。

平成28年度からは「高年齢者活用促進コース」の拡充や「高
年齢者無期雇用転換コース」の新設など、利用範囲が広がりま
す。60歳以上の従業員がいる場合は一度ご検討ください。

概要をみておきましょう。

1.高年齢者活用促進コース
以下のいずれかの措置を実施する場合が対象となります。
(1)新たな事業分野への進出
   高年齢者が働きやすい事業分野への進出など。
(2)機械設備、作業方法、作業環境の導入・改善
   高年齢者が就労の機会の拡大が可能となるような機械設
   備の導入、作業方法、作業環境の改善など。
(3)高年齢者の雇用管理制度の導入・見直し
   賃金制度・能力評価制度の導入や研修システム・能力開
   発プログラムの開発など。
(4)健康管理制度の導入【新たに追加された措置】
   人間ドックまたは生活習慣病予防検診制度の導入。
(5)定年の引上げ
   定年の引上げや廃止、あるいは希望者全員を対象とする
   継続雇用制度の導入など。

■支給金額
上記の措置に要した経費の2/3(大企業は1/2)か、60
歳以上の雇用保険被保険者数に20万円(※)を乗じた額の少
ない方の金額になります。(上限1,000万円)
※以下のいずれかの場合は60歳以上の雇用者1人あたりの上
限が30万円になります。
(a)建設、製造、医療、保育、介護分野の事業主
(b)65歳以上の高年齢者の雇用割合が4%以上の事業主
(c)機械設備の導入等を実施した事業主

■その他の改正点
次のいずれかの措置を実施した場合は、100万円の費用を要
したものとみなして対象経費とすることができます。
(a)定年を66歳以上に引上げ
(b)定年の定めの廃止
(c)65歳以上への定年の引上げおよび希望者全員を66歳
   以上まで雇用する継続雇用制度の導入

2.高年齢者無期雇用転換コース【新設】
50歳以上で定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換
した場合に、対象の労働者1人につき50万円(中小企業以外
は40万円)が支給されます。ただし、1支給申請年度あたり
10人が上限です。

60歳以上の従業員を積極的に活用しようとお考えの方は、一
度ご検討ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二プロのその他のコンテンツ

Share

石田雄二プロのその他のコンテンツ