マイベストプロ広島
古元邦子

大切な人との関わりを考えるカウンセリングのプロ

古元邦子(ふるもとくにこ) / 公認心理師

心理相談室アフォーダンス

コラム

「遊び」について

2022年11月29日

テーマ:こころの成長とつまずき

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

「遊び」は「学び」というステッカーをもらった。広島県教育委員会による乳幼児期の子育てに関する啓発活動の一環として作られたものである。広島出身の元陸上競技選手、為末大さんの「遊ぶが勝ち」という本は、自らのスランプを乗り越えられた経験から、人間にとっての「遊ぶ」ことの意味・大切さを伝えてくれている。
「遊び」は自発的なもので、誰かに押しつけられたり、強制されてするのは、遊びではない。たしか、ホイジンガ(哲学者)のことばだったと思う。
学生の頃は、授業ノートの余白に漫画を描いたりしたものである。先生の目を盗んで友達とメモ(もちろん授業とは関係ないこと)をやりとりするのが楽しかった。毎月訪問している保育園の子どもたちの遊びは、とても真剣であり、イキイキとしている。遊びは楽しいもので、私たちが人間らしく生きることに通じていると、私は思う。

この記事を書いたプロ

古元邦子

大切な人との関わりを考えるカウンセリングのプロ

古元邦子(心理相談室アフォーダンス)

Share

関連するコラム

古元邦子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-208-2823

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古元邦子

心理相談室アフォーダンス

担当古元邦子(ふるもとくにこ)

地図・アクセス

古元邦子プロのコンテンツ