まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
加藤雅康

木を熟知し”心地いい家”をつくるプロ

加藤雅康(かとうまさやす)

カトウ・綜建株式会社

お電話での
お問い合わせ
058-382-5265

加藤雅康プロのご紹介

”生きた木”を使い、住み心地のよい家を生み出す一級建築士(1/3)

加藤雅康 かとうまさやす

こだわりが詰まった自社製材の無垢材を使用することでお値打ちに

 各務原市の桜の名所「百十郎桜」として知られる新境川。そのほとりにあるのが、昭和初期に創業された材木業、製材業をルーツにもつカトウ・綜建です。今では非常に珍しくなった製材機を有し、”木の家づくり”に強みを発揮する建設会社です。

 そこで4代目社長として指揮を取るのが一級建築士や一級建築施工管理技士でもある加藤雅康さん。「私たちが主に使用するのは、会長でもあり、材木を見続け半世紀を誇る父・卓が厳選した丸太を自社で製材した木材です。丸太から切り出し、薬剤や木の乾燥機などを一切使用せず、自然の力で乾燥させるので、木の細胞を壊さず”生きた木”をそのまま住宅に使用できます。自然の風と雨の中で乾燥させた木は健全で安心なもの。そうやって完成した家は、住む人の健康にも良く、とても住み心地がいい家となるのです」と胸を張ります。

 また、自社で丸太から製材し、プレカットまでおこなう利点がもう一つあります。それはほかで仕入れるよりコストを安くできること。「ビニールクロスなど外から仕入れる部材を使用するよりも、木を中心とした家にするほうが、わが社の場合他社と比較して値段が安くなっていきます。ドイツから取り寄せたプレカットのマシーンがあるので、大工が工場で刻む必要がなくなり工期短縮・人件費削減にもなり、これもコストカットに役立ってくれています」と加藤さんは笑顔を見せます。

 さらに近年では、造作家具なども制作。シーンに合わせた木材を選び、お客さまの理想を叶える空間を生み出してくれます。そのため、家族の健康に気を配りたい人や木のぬくもりを求める人など、”こだわりの住宅の夢を叶えたい”というお客さまからの問い合わせがとても多いそうです。

加藤雅康プロのその他のコンテンツ

Share

加藤雅康プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-382-5265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤雅康

カトウ・綜建株式会社

担当加藤雅康(かとうまさやす)

地図・アクセス

加藤雅康プロのその他のコンテンツ