まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
齋藤健太郎

地元・可児に密着し、分かりやすさを重視する保険のプロ

齋藤健太郎(さいとうけんたろう)

株式会社保険パートナー

コラム

地震保険~いざという時大丈夫?~

損害保険

2018年11月22日

今日は地震保険についてお話したいと思います。
今年は水害、風害も多かったですが、大阪、北海道の地震も記憶に新しいかと思います。
台風や、浸水時に頼りになるのは火災保険。
地震の時は・・・?地震保険なんです。
火災保険だけでは地震の時に火事になっても補償がほぼありません。
やはり、これからの時代は地震保険も必要です。

地震保険は、地震や噴火またはそれらにより発生した津波による損害の補償。
逆を言えばそれらの被害は火災保険では補償の対象外となっている事が多いです。
ここを意外と勘違いしている方は多いです。

そして、地震保険は通常の火災保険とは保険金の支払い基準が違います。
地震保険は一部損、大、小半損、全損というように段階に分けて保険金のお支払をしています。
これによって、思ったより保険金が少なかったという人や、この金額では修理できないといった人がいるかもしれません。
地震保険の内容をしっかり把握し、通常の火災保険との違いを頭の片隅に入れておくといざという時の「こんなはずじゃなかった」を減らせると思います。

火災保険や自動車保険は基本的に、損害部分を修復し元の生活に戻すための保険。
地震保険は被災者の当面の生活の安定に寄与するための保険で、損害保険会社と政府で共同運営しています。
ここが、大きな違いになります。

地震保険で補償が満額でないならば入る必要ないと思う方もいるかも知れません。
しかし、大きな地震が起こったときの生活復興で、地震保険に入っていたかどうかは大きな
分かれ目となる事が多いです。

皆様の保険内容はいかがでしょうか?
不安があるという人はお気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

齋藤健太郎

齋藤健太郎(さいとうけんたろう)

関連するコラム

齋藤健太郎プロのその他のコンテンツ

Share

齋藤健太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0574-49-8725

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤健太郎

株式会社保険パートナー

担当齋藤健太郎(さいとうけんたろう)

地図・アクセス

齋藤健太郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

齋藤健太郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

齋藤健太郎プロのその他のコンテンツ