まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
清武修一

注文住宅を低価格でデザインするプロ

清武修一(きよたけしゅういち)

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)

清武修一プロのコラム一覧:健康なすまいづくりを考える。福岡市東区 注文住宅 設計 

 福岡市東区注文住宅・完成 無垢材の床、無垢材の柱梁の構造材、屋根下の無垢材(杉野地板)、近年建築されている一般的な住宅と比較して、ホルムアルデヒドを70%削減した家づくりを行っています。

 【都市ガス?オール電化?】   一級建築士 清武修一 福岡市 家づくり相談カウンター ㈱清武建設 ◆日中、ご家族の滞在時間が長いご家庭のケースでは、オール電化(深夜電力は安価ですが日中に使用する電気料金が上がる設定の電力会社との契約)よりも、都市ガスの方が、相対的なメリットが...

 電磁波の影響を抑える福岡の健康住宅 電気配線から放電される電磁波を床下及び壁内に埋め込んだシートにて吸収し、アースで逃がします。スウェーデン基準の電場 (25v/m)> 当物件の測定による電場 (4.3v/m)スウェーデン基準の磁場(2.5MG) > 当物件の測定による磁場 (0.22MG)...

 アレルギー、アトピー、慢性疲労症候群の一因の改善提案  職場、家庭での日常生活において、数々の電化製品、パソコン、スマートフォンのない生活は不可能です。社会的には、認識度が少ないようですが、電磁波過敏症、慢性疲労症候群、アトピー、アレルギー、それらの原因の一つとして、室...

 糸島市注文住宅 電磁波を抑える注文住宅 寝室は長時間過ごす部屋の為、スェーデン労働基準 25v/m以下 になるように、対策しました。電化製品に囲まれた生活(職場、家庭、公共施設)から逃れる事はできませんが、長時間、滞在する寝室は、電磁波を抑えたいものです...

【糸島市のF様邸・設置状況】床下(ベタ基礎の床面)に換気システムの配管をしています。〖特徴〗◆床下からの換気の為、床面に溜るハウスダストを合理的に除去します。◆外気温との温度差が少ない床下を通過させる換気システムです。◆PM2.5も除去する高性能フィルターです。...

 電磁波の影響を抑える福岡の注文住宅(オールアース住宅) 糸島市にて建築中の注文住宅において、屋内配線(電気配線)から放電される電磁波の影響を抑える住宅を建築しています。大工さん、電磁波測定士(日本電磁波協会EMFA) にて、打ち合わせ中です。写真の緑のシ...

《特許工法・建物配線、家電からの放電の影響を減らす家づくり》福岡市東区箱崎7丁目2-14 株式会社 清武建設  連絡先092-201-8201(火 水 定休)●信頼の特許工法(建物の電気配線、家電からの放電・電磁波を減らす工法。)私達は、多くの照明、家電等に囲まれ、快適な生活を享受でき...

 【湿気が増える原因から室内環境を考える】 清武建設 あと、一か月程で、梅雨の季節になってしまいます。雨天が続くと、屋外の方が、湿気を多く含んでいると考え、締め切った生活になる方も多いと思います。しかし、室内よりも屋外の方が、雨天の日でも、湿度が低い場合がほ...

『気密性が高い住宅は、換気性が良い、その理由。』100倍に膨らむ発泡ウレタンを吹きつける断熱材(写真)の良い点は、気密性を確保しやすい事です。ストローでジュースを飲む時、ストローの途中に穴があいていると吸えませんが、住宅の気密も同じで、気密性が高いと、屋外の空...

屋根の野地板は、杉の無垢板を使用しています。昔は当然のお話でしたが、最近の傾向としては、杉の無垢板を野地板に使用する事はほとんど見られなくなり、建築業界的に、野地板は合板等が主です。瓦葺き屋根の場合は、瓦材に厚みがあり、杉材の野地板の凹凸を調整できますが、...

《特許工法・建物配線、家電からの放電の影響を減らす家づくり》                        電磁波を抑える住宅の考え方(動画) ↓ ↓ 電磁波が一つの要因と考えられる健康被害例 ① 「電磁波過敏症」 電磁波に過敏な方は、微弱な電磁波を浴びただ...

【交通事故より住宅が原因の死亡者数が多い驚きの現実!!】                        株式会社 清武建設  一級建築士 清武修一http://kiyo.jpn.com   暖房の効いたリビングから、寒い脱衣所で服を脱ぎ、熱い入浴をするなど、急激な体温変化は、血圧の...

配膳台を作成し、カウンター下に、深夜電力にてレンガを温め、日中に放熱する蓄熱式暖房器具を設置しました。エアコンの風が苦手で、オイルヒーターをお使いの方は、この器具をオススメ致します。オイルヒーターの中身は「オイル」ですが、上の写真の蓄熱式暖房は「レンガ」になり、電...

【 (株)清武建設社屋・珪藻土工事 】◆平成27年10月8日 (下塗り工事)既存ビニールクロスへ付着しやすいように下塗りを行いました。◆平成27年10月9日 (上塗り工事)単色でなく、顔料を混ぜて、変化のある仕上げになりました。(緑色のウエーブのラインが所々入っています。写...

清武修一プロのその他のコンテンツ

Share