まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
清武修一

注文住宅を低価格でデザインするプロ

清武修一(きよたけしゅういち)

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)

コラム

福岡市 住宅設計 電磁波除去からのアレルギー、アトピー、慢性疲労の一因を除くご提案

アレルギー、アトピー、慢性疲労症候群の一因の改善提案 


職場、家庭での日常生活において、
数々の電化製品、パソコン、スマートフォンのない生活は不可能です。
社会的には、認識度が少ないようですが、電磁波過敏症、慢性疲労症候群、アトピー、アレルギー、
それらの原因の一つとして、室内の壁内、床下からの電気の影響であると考えられます。

出来る事なら、長時間、生活する寝室は、電気の影響を減らす努力を行いたく、その対策をご提案いたします。

電気(電磁波)は、屋外の電柱(電線)と建物がつながる段階で、
建物の壁内、天井裏、床下にある通常は見えない屋内配線、
及びコンセントBOX等が接する木材、プラスチィック、etcにも伝わる性質があり、
室内のフローリング、室内の壁にも、電気(電磁波)が伝わっています。

そして、室内フローリング、室内壁に接するベット、机、家具にも伝わり、
普段の日常生活における、私たちの人体にも、電気(電磁波)が伝わり続けます。

電気(電磁波)の影響を軽減するには、
下記の動画のように、床下、壁内に、電気を吸収するシートを貼り、地面に流す仕組みを行えば緩和できます。
測定器にて、確認する様子を下記の動画にて掲載しています。






グリーンの電磁波を吸収するシートは、地面(アース)と繋がっており、壁内部、床下にある屋内配線から伝搬される電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。

・天井裏にある屋内配線対策ですが、電気が発生する対象物(屋内配線)から離れており、影響はありません。

・壁内にある屋内配線対策ですが、床から高さ1Mの範囲で、ベット、布団が壁面に接して生活する事を想定し、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。

・床下にある屋内配線対策ですが、寝室部分(長時間生活するスペースの床部分)には、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。



 電磁波が一つの要因と考えられる健康被害例

 ① 「電磁波過敏症」 
電磁波に過敏な方は、微弱な電磁波を浴びただけでも、頭痛や吐き気などを感じるそうです。
スウェーデンやドイツ、デンマークなど、ヨーロッパ諸国では社会的に認知されつつあり、
健康保険の対象として治療が進められています。

 ② 「慢性疲労性症候群」 
パソコンや携帯電話の普及により、現代の慢性疲労性症候群患者の95%は、
電磁波過敏症によるものだという報告があります。

 ③ 「アトピー・アレルギー」
 電磁波は静電気も発生させ、静電気により、浮遊粉じん(微細なゴミ)が集まり、
皮膚が反応してしまう場合があります。

長年、家づくりを行ってきましたが、私達も含む、そのような取り組みは、行われていませんでした。
しかし、電磁波対策の方法を知り、家づくりの立場から、それらを排除出来る事をご提案いたします。

(株)清武建設一級建築士事務所
  創業1968年 『土地の買取致します』
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
https://www.kiyotake.co.jp

◆家づくりの歴史から考える
http://mbp-fukuoka.com/kiyotake/column/12291/

この記事を書いたプロ

清武修一

清武修一(きよたけしゅういち)

清武修一プロのその他のコンテンツ

Share