まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
川端伸二

完成後の暮らしやすさまで考えたリフォームのプロ

川端伸二(かわばたしんじ)

株式会社 ジェイ・テック

コラム

お風呂の臭いの原因

【浴室】お風呂の掃除

2015年10月29日

毎日の掃除にも関わらず、浴室から嫌なにおい

「毎日欠かさず掃除をしているのに、浴室のドアを開けると嫌なにおいがする」、そんなお悩みを持つお宅はありませんか?

臭いがするということは、どこかが汚れているということです。汚れている箇所をきれいにすれば、悪臭を断つことができます。
今回はお風呂の悪臭の原因について考えてみたいと思います。

湯垢、水垢、体の汚れに石けんカスや毛髪などは汚れやにおいの原

湯垢、水垢、体の汚れに石けんカスや毛髪など、浴室は家の中でもっとも汚れやすい場所かもしれません。また、高温多湿でカビや雑菌が発生しやすい環境でもあります。

したがって、お掃除や手入れが行き届かない場所にカビが生えたり、悪臭が発生したりするのです。
まずは特徴的な汚れと、そこから発生するにおいについてご説明していきたいと思います。

お風呂が下水のような臭いがする場合は、排水口の汚れが原因として考えられます。
排水菅にはほとんどの場合、トラップという器具が設けられ、下水管からの悪臭や硫化水素などの有毒ガスを遮断しています。
したがって、お風呂の悪臭は下水から来るにおいではなく、排水口にあると考えます。お風呂の排水口はキッチンなどと比べると口径が大きく、髪の毛、水垢などのゴミが溜まりやすくなっています。定期的に掃除する必要がありますが、行き届かないことが多く、カビや雑菌が繁殖し、悪臭の原因となっています。

浴室の黒ずみ、ピンク色の汚れはカビ

カビは排水口だけでなく、天井、壁、目地、パッキン、換気扇の内部などいたるところに発生します。壁や床、天井などについた黒ずみ、あるいはピンク色の汚れはカビです。
これらが原因で、浴室のドアを開けると、カビ臭い場合があります。

お風呂の汚れはカビの養分となり、放置していると、どんどん繁殖していきます。
また、浴槽や床などの基本的な掃除を怠ると、私たちが洗い流した汗や皮脂など体の汚れが酸化してこびりつき、悪臭の原因となる場合もあります。

嫌なにおいを断って快適な浴室に

以上のように、お風呂はたいへん汚れやすい場所ですが、毎日、あるいは定期的に掃除をし、換気をすることで、においの問題を解決することができます。

癒しの空間であるお風呂は、いつも清潔にしておきたいもの。次回はお風呂掃除についてご説明したいと思います。

この記事を書いたプロ

川端伸二

川端伸二(かわばたしんじ)

川端伸二プロのその他のコンテンツ

Share

川端伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-410-7863

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川端伸二

株式会社 ジェイ・テック

担当川端伸二(かわばたしんじ)

地図・アクセス

川端伸二プロのその他のコンテンツ