マイベストプロ福岡

コラム

時計のメタルバンドの調整は留め金具の位置も考えて

2020年7月28日

テーマ:時計を買う前に知っておきたいこと

コラムカテゴリ:くらし

今日はメタルバンドの長さ調整についてのお話。
メタルバンドの長さ調整は時計の販売店にてサービスで行っている場合が多いようです。
ですが 弊社に持ち込まれる時計の中には このバンドの調整があまりお勧めできない状態のものが見られます。



例えば・・・上の写真 ベルトのコマの数が上下異なっているので、一見間違った調整をしているようですが、このバンドの留め金具を閉めてみると



留め金具の位置が時計の本体と並行になります。
実は この状態が正解!!なのです。
殆どの方の腕周りは真円ではなく楕円形であり、掌側、手の甲側はカーブが緩やかで側面はカーブが急です。
中留(留め金具)のカーブは腕周りの緩やかなカーブの方に合わせて作られています。

ですから 中留が腕周りの側面に当たってしまうと 腕にフィットせず、着け心地が悪かったりするのです。
ちょっとしたことですが 時計メーカーの意図を組んで メタルバンドの調整が出来るお店が増えてくれれば もっと快適に腕時計ライフが楽しめるのではないでしょうか

この記事を書いたプロ

衞藤憲太郎

時計修理、修復とビフォーケアのプロ

衞藤憲太郎(株式会社ハナブサ)

Share

関連するコラム