マイベストプロ福岡

プロフィール

中光雅紀プロの写真

不登校・ひきこもり支援者(家族心理教育コンサルタント) / 中光雅紀プロの一番の強み

ひきこもり現象を招く苦悩の源泉を根本から解決する

トラウマの視点からひきこもりの原因を見える化していくアプローチを行い、そのもがきのプロセスから人間としての成長を果たし、ひきこもりから脱却。新しい自分に生まれ変わるような変化をサポートしていきます。

経歴

経済学部を卒業後、会計事務所に勤務。税務監査業務の傍ら人材研修を担当した際に手ごたえを感じ、1989年、研修会社を起業する。その間に手がけた学習教材販売事業の中での不登校児童との出会いをきっかけに1995年、不登校専門家庭教師「北辰学院」、心理教育カウンセリング・オフィス「ふぉーらむ北辰」の開設を経て2005年、NPO法人地球家族エコロジー協会を設立する。

実績

2001年 ひきこもり支援者としてテレビから取材
2001~2006年 筑紫地区同和教育研究大会にて講師
2002年~ 大野城市総合福祉センター内に、不登校・ひきこもり・ニート相談窓口開設
     福岡教育大学にて講演
2003年 某テレビ局発行の社会福祉セミナーテキストにひきこもりカウンセラーとして紹介
2004・2005年 全国労働基準関係団体連合会主催「中小企業事業講習会」にてメンタルヘルス講習
2005年 筑紫地区教育行政対象に「不登校・ひきこもり支援ネット構築セミナー」開催
やつしろ不登校・ひきこもりサポートネットワーク発足
筑紫地区全小中学校(68校)、11月熊本県八代市全小中高校の教員対象に「不登校児童支援者養成講座」開講
「全国適応指導教室連絡協議会福岡大会」に民間として唯一参加
2006・2007年 「不登校・ひきこもり地域支援者講座」(熊本県八代市) 講師
2008年 大野城市教育委員会主催「大野城市家庭教育学級・家庭教育講演会」講師
2009年 やつしろ不登校・ひきこもりサポートネットワークNPO法人化 理事就任
福岡県青少年問題地域講座 派遣講師(現在迄)
2010年 内閣府「青少年育成のための地域連携推進事業」にて講演
2011年 福岡県共助社会づくり事業補助事業「福岡県大野城市新しいコミュニティのかたち先行モデル事業」受託
2012年 不登校・ひきこもり解決の手引書「絆の病」、「存在の痛み」出版
2014年 筑豊若者サポートステーション 家族セミナー 講演
2017年 福岡市社会福祉協議会 地域福祉専門職研修 講師
2018年 NPO法人ワーカーズコープ 講演 
2019年 ローカルテレビ番組にてひきこもり支援者として紹介

DATA

氏名
中光雅紀(なかみつまさのり)
屋号
NPO法人地球家族エコロジー協会
事業内容
■ 不登校・ひきこもり無料相談窓口
■ 個別カウンセリング(オンライン対応可)
■ 家族会・当事者自助会
■ ソーシャルスキルの各種訓練
専門分野
■ ひきこもり、不登校、アダルトチルドレン等、アディクション=嗜癖(しへき)と呼ばれる行動の問題を主な対象とする様々な支援
ひきこもり者たちが抱えている苦悩は「存在の痛み(Spiritual Pain)」「自己の存在と意味の消滅から生じる苦痛」であり、存在の意味を見つけ出したいという渇望です。将来の希望を失い、今に生きる無意味さを味わい、他者との関係性を失い自己喪失の不安を抱え、無力な自分に価値を見出せないでいます。
私たちは、そうした人たちに他者とうまくつきあう能力(思いやりや社交的スキル)、感情を管理する能力(自尊心をもつこと)、目標を達成する能力といった「非認知スキル」を修得させていきます。
特徴
人がひきこもりに至る理由は様々あると考えられていますが、実はその「理由」とされるものは、ひきこもる「きっかけ」でしかなく、「家族の絆」という関係性の歪み(愛着障害)が真の原因になっている、というケースが多々あります。その原因によって、人の発達の過程にある「心理社会的危機(発達課題)」をうまく乗り越えることができずにきた結果がひきこもりとも言えます。
したがって、ひきこもっている当人の「個」の問題と捉えるのではなく、家族の関係性の中から見ていくこと、そして親もまた当事者であるという前提意識を共有していくことを、私たちは重要視しています。
親子それぞれが自らの振り返る力や共感力を鍛え、1つの視点に囚われないスキルを身につける課題に取り組み、主体的な自己決定の力や行動力、向社会性能力を高めるトレーニングを行っていきます。そして家族全員が自尊心・自己信頼感を取り戻しながら苦難、困難に対しての解決のための適切な姿勢・態度を備え、問題解決を実現していきます。
職種
不登校・ひきこもり支援者(家族心理教育コンサルタント)
福岡県非行防止・ネット依存防止地域ミーティング講師
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/2015-hikou-netizon-boushi-chiiki-meeting.html
資格
【所属学会・協会】
◆ 日本嗜癖行動学会
◆ 日本人生哲学感情心理学会
◆ 日本トランスパーソナル学会
◆ 日本家族カウンセリング協会
◆ 日本心身医学協会

【指導基盤理論】
◆ポスト・トラウマティックグロウス
◆スピリチュアルグロウス
◆実存心理学
◆カウンセリング心理学
◆プロセス指向心理学
◆トランスパーソナル心理学
◆サイコシンセシス
◆原初理論
◆唯識理論

【支援基盤理論】
◆ トラウマインフォームドケア
◆ スピリチュアルケア
◆ 愛着アプローチ
◆ アディクションアプローチ
◆ 解決志向アプローチ
◆ ファンクショナル・アプローチ
◆ コンテキスト思考
◆ ブレイクスルー思考
◆ 家族療法
住所
〒816-0952
福岡県 大野城市下大利1-2-6 第三筑水ビル402号
電話
0120-870-996
福岡県外のからのお問い合わせは、携帯090-3190-6198へおかけ下さい。
受付時間
月曜日~土曜日 9:00~21:00
定休日
日曜日
ホームページ
http://www.interbrain.co.jp/
【ご相談窓口】
◆ 不登校・引きこもり無料相談窓口  毎週月曜日 会場:大野城市総合福祉センター 10:00~12:00
◆ 若者おしごと相談室  毎週火曜日 会場:大野城市総合福祉センター 10:00~12:00 担当者/高澤信也(理事) https://mbp-japan.com/fukuoka/trifolie/
◆ 個別カウンセリング 会場:心理教育カウンセリングオフィス ふぉーらむ北辰(地球家族エコロジー協会内) 9:00~21:00
【支援者養成講座】
「家族援護士養成講座」詳細はhttp://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/
支援者や当事者家族を対象にした実践的講座です。
※現在オンライン指導で1名からでも開講しています。
Share