まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
池田正一

質屋・鑑定のプロ

池田正一(いけだしょういち)

有限会社池田質舗

お電話での
お問い合わせ
089-921-4489

コラム

偽装質屋

質屋

2013年7月2日 / 2013年10月3日更新

さて、今日は、「偽装質屋」についてお話したいと思います。
この「偽装質屋」は、「質屋を装って高金利で金を貸し付ける」悪徳業者です。「偽装質屋」に関する相談が、全国の消費生活センターに相次いでいます。

結論から申しますと、この偽装質屋の実態は「ヤミ金業者」です。
このヤミ金業者は、10年の改正貸金業法の施行などで一時、姿を消しました。しかし、ここにきて、「質屋を装って高金利で貸し付ける手口」で再び出て来たのです。

この偽装質屋は、高齢者をターゲットとしており、消費生活センターへの相談の7割が60代以上で占められているようです。この偽装質屋は、「高齢者の年金」を狙っており、年金支給日のたびに業者に通帳を渡して、お金を引き出されてしまっているケースもあるようです。

【ご注意ください】
「質草は何でも良い」などと言ってくる質屋が居たら、決して、借り入れをしないで下さい。
正規の質屋は、このような事は絶対に言いません。

【本当の質屋はこのようにご融資をします】
正規の質屋の場合、預かったお品物を担保に、利用者にお金を融資します。預かる期間は、3カ月間です。その間に、「元金」と「利息」をお支払頂ければ、預けたお品物は、いつでもお手元に取り戻すことが出来ます。もしも、「預けたお品物がいらない場合」や、「お金(元金+利息)を準備できない場合」、預けたお品物の所有権を放棄することで、返済の必要が無くなります。その場合、放棄したお品物で「元金と利息」を支払うことになりますので、その後、質屋の方から「返済に関するご請求は一切ありません」。また、預けたお品物を取り戻したいけれど、お金(元金+利息)を準備できない場合、「利息」だけを支払う事で借り入れ期限を延長することが出来ます。
このような質屋の営業に関するルールは、「質屋営業法」という法律で定められており、正規の質屋は絶対にこの法律を守ります。

皆様、十分にご注意ください。


少しでも、皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。
それでは、また、次回コラムでお会いしましょう。


有限会社池田質舗

この記事を書いたプロ

池田正一

池田正一(いけだしょういち)

池田正一プロのその他のコンテンツ

Share

池田正一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
rss
ブログ
2018-09-20