マイベストプロ千葉
熊谷修平

「自分だけの合格プラン」で志望大学突破へ導く個別受験指導講師

熊谷修平(くまがいしゅうへい)

Professional-Teacher大学受験突破塾

コラム

モチベーションの管理

2013年12月7日

テーマ:大学受験で大切なこと

=ご挨拶=

こんにちは。Professional-Teacherです。

受験へ向けて、受験生は日々頑張っている事と思います。

「あと○○日」
そう考えたら、誰だって不安にならない人はいないでしょう。

でも、その瞬間、合否は分かれます。

「あと、これだけあるんだ。
 1日1日全力でやってやる」
と思うのか?

「あぁ~もう、これしかない。自分は駄目だ」
と思うのか?

最初から、「勝敗の決まっている勝負」というのは、決してありません。

あるとすれば、それを自分で決めてしまっている場合。それのみ。

あなたは、どう考えていますか?

追伸

「間に合うだろうか?」「大丈夫だろうか?」と思えうのであれば、それは
Professional-Teacherの経験から言うと、「大丈夫」という結果が多い。

もし、そう思う人がいれば、「今を全力疾走」です!

え?なぜ、そう思う人が大丈夫なことが多いのかって?

それは、人というものは、そもそも可能性がないことを悩まないからなんですよ。
あなたは、「来年の今頃、俺は翼を広げて空を飛び、火星にいけるだろうか?」って、悩みます?

=再来年受験の人へ=

受験生は、今の時期、毎日「不安」や「自分を信じる」という事と戦っています。
でも、それが出来る人は、「すでにこれまでしっかりとした事をやってきた人」と
言うことも出来る。
なぜなら、やってきていない人は、すでに戦う事すら出来ない時期だから。
つまり、すでに自分の中で「戦っても勝てない」とわかっている。
戦うことが出来るのは、ある意味、「頑張ってきたからこその証」なんです。

「今」。始めるかどうか?1日を無駄にせず、やっていけるかどうか?
すでに試されています。
来年の今頃、あなたは、どんな自分でいたいですか?

迷っている時間はありませんよ。しっかりと進む事が重要です。

あなたの行動、Professional-Teacherは、まっています。

良いお年を。
~~~~~~~~~~~~~~~index~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆今回のテーマ=「モチベーションの管理」
◆今回のポイント!
●編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は、モチベーションを保つには?という話しをお伝えしたいと思います。
受験には、勉強内容だけじゃない重要な事。いっぱいあるんです。

Professional-Teacherでは、そういう点も含めて受験指導をしていっています。


今回は、モチベーションについて。

やはり、受験は、長丁場。

そして、直前の今だからこそ、重要なモチベーション。

勉強をしなきゃいけない・・とおもっていても、なかなか手につかない!やる気が
おきない!なんて事も、当然あります。

しかし、実際は、そこでがんばれるかどうかが、合否の分かれ目といっても過言
ではない。

「わかっているけれど、できない。」

そんな悩みを解決するひとつの方法が、モチベーションを保つという事になります。

モチベーション=やる気と言い換えることもできます。


このモチベーションを保つということは、とても大切な事で、大人になっても
目標を達成するためには、重要になってきますよ。

さて、では具体的に見ていきましょう。


モチベーションを保つための秘策は、

1)自分の目標をより具体的にする。

2)自分の目につくところに、心がけること、気をつけること、目標に関するものを
  おいておく

3)きちんとPlanをたて、合格までつながっている道を作る。

4)特定の場所を作り、その場所では勉強すると決めて習慣化する

5)合格したら・・という事を、妄想する

いいと思ったら、すぐ実行してくださいよ!?



まず、1)自分の目標をより具体的にする。

これは、できる限り、例えば志望大学の情報を手に入れたり、見に行ったり、
思い浮かべたり、とにかく、自分が達成しようとする目標を、具体的にするという事。

思い浮かべて色がついているくらいに!と言います。

やはり、もやもや~とした状況では、やる気もおきません。

しっかりととらえてください!



2)自分の目につくところに、心がけること、気をつけること、目標に関するものを
  おいておく

これは、ふと気づいた時、忘れていたとき、別なことを考えていたとき、に有効です。
常に、目につくところにあることで、自分で心がけるべきことや、目標など
自分で、何をすべきだったのか?を思い出させてくれます。

何事も工夫ですよ!


3)きちんとPlanをたて、合格までつながっている道を作る。

これも重要。

Professional-Teacher 「難関私大合格コース」「早稲田合格コース」でも、
もちろん、提供していますが、

合格へつながっている道を歩んでいるからこそ、それがはっきりわかるからこそ、
今の目のまえの道を歩むことができるんです。

目の前の無味乾燥な、楽しくない内容をできるのは、やはり、その先に自分の得たい
目標があるからに他なりません。

これも、モチベーションを保ち、合格へ結びつけるためには必須です。



4)特定の場所を作り、その場所では勉強すると決めて習慣化する

人は、習慣というのが武器になります。
重要なのは、特定の場所。

いつも寝たりする生活の場所は、できれば避けてください。

自習室でも、喫茶店でも、どこでもかまいません。
ただ、そこへ行ったら、すぐ勉強して遊ばない。

そういう習慣が重要です。


5)合格したら・・という事を、妄想する

妄想というと、あまり良いイメージがないかもしれませんが、重要です。
これもひとつの能力。

合格したら、こうして、あーして、こんなこともして・・
これが合格へ向かう強い力になることは、当然ですよね。


ざっと見てきました。

是非、実行してみてください。


*Pro-T会員生は、もちろん、勉強内容の質問サポートだけでなく、自分の悩みや相談事は
 相談サポートも、どんどん利用してくださいよ!
 合格へ向けて、しっかりと導いていきますからね。頑張っていきましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●編集後記

人には、困難な壁が目の前にあるときに、2つの選択肢があります。

1つは、「出来ないと思って、出来ない理由を探すのか」
1つは、「出来るはずだと思って、出来る理由をさがすのか」

これは、小さな違いですが、その後、まったく違う未来が訪れます。

ある意味、未来は、その時に自分で決めていると言ってもいいでしょう。


人の脳は、出来ると思う人ならば、出来る理由を探し始めます。

例えば、「これまで、こんなにやってきたじゃないか」
    「こんな事も昔に比べて出来るようになった」と思う。

でも、出来ないと思う人は、出来ない理由ばかりを探す。

例えば、「ここの部分は出来ないままだし、また無理かもしれない」
    「まだこんな事も出来ていないし、どうしよう」と思う。


そう思うから、ますます出来るようになり、ますます出来ないようになる。

脳は勝手です。

でも、それを作り出しているのは、自分です。


どう思うかで、もし未来が変わるのなら、しっかりと「できる」所を探しませんか?

そこから繋がる未来を信じてみませんか?


「やれば出来る」

その通りです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「合格への道」は、Professional-Teacherが作る。

 君は、合格を目指し、諦めずに走る事。それが唯一の約束。

 最後の最後まで一緒に頑張っていこう!!

                      Professional-Teacher

              http://www.professional-teacher.com/
                  professional-T@e-mail.jp
0120-925-393(一般電話)
050ー5822ー5743(一般電話・携帯電話)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

熊谷修平

「自分だけの合格プラン」で志望大学突破へ導く個別受験指導講師

熊谷修平(Professional-Teacher大学受験突破塾)

Share
関連するコラム

熊谷修平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5822-5743

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

熊谷修平

Professional-Teacher大学受験突破塾

担当熊谷修平(くまがいしゅうへい)

地図・アクセス

熊谷修平のソーシャルメディア

facebook
Facebook