マイベストプロ富山
立野恵梨

健康美を追究するプロ

立野恵梨(たてのえり) / エステティシャン

エステティックサロンソワンジュ&驚経ぺお

コラム

美しいバストを維持するためのNG行動

2020年6月25日 公開 / 2020年7月4日更新

テーマ:バストケア

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: アンチエイジング不定愁訴免疫力アップ

こんにちは!

嬉しい時も、悲しい時も、ずっと一緒。
貴女のBeauty Adviser 立野 恵梨です。

女性を象徴する最大のチャームポイント「バスト」貴女はお顔のお手入れを一生懸命するのと同じくらい丁寧に、自分のバストの状態を確認する習慣がありますか?


バストに関するお悩みでご相談に多いのが、
▼下垂
▼加齢とともに綺麗な丸みを失っている
▼ハリツヤが無い
▼立体的な高さがほしい
▼胸脇に流れるはみ肉
▼バストトップが左右に離れてしまう「Good Bye Bust」
▼乳首の色素沈着

バストケアはコンプレックス解消だけでなく、毎日自分のバストの状態を確認することで、乳がんの早期発見につながるというメリットもあります。まずは毎日自分でしっかりバストに触る習慣が定着するといいですね。

美しいバストを維持するためのNG行動

繊細なバストのケアは、正しく行うことが第一。そして、間違ったケアをしないことも大切です。今回はバストケアにありがちなNG行動をご紹介します。

NG行動1.筋トレ


大胸筋を鍛える写真のような筋トレ、一生懸命されている方も少なくありませんが、効果は残念ながらありません。バストの下垂は筋肉ではないことがわかっています。筋トレすることがかえってバストの位置を歪ませ、猫背、背中の贅肉を招くようになります。

NG行動2.ゴシゴシ洗う


繊細なバストは優しく、優しくが基本です。入浴時にゴシゴシ洗っている反面、意外に多いのがバージスライン(バストの円周下部)がきちんと洗えていないケース。左右交互にそっとバストを持ち上げて、ふくらみに隠れた部分も丁寧に洗いましょう。

NG行動3.猫背


リモートワークが増え、いつもより前傾気味の姿勢に気づく方も多いと思いますが、バストを美しく保つためには猫背を正して姿勢をよくすることがとても重要です。呼吸が浅くなり、全身の代謝低下、免疫低下、ホルモンバランスの乱れ、解毒不良を招く等、猫背にはデメリットがいっぱいです。


次回ブログでは、美しいバストを維持するための正しい方法をお伝えします。


明日も貴女の心と身体が健やかでありますように。

富山県のCIDESCO-NIPPON認定サロン
エステティックサロン ソワンジュ&驚経ぺお
939-8005 富山市中市2-8-56
電話 076-424-9500 
OPEN 10時~20時
日曜定休
当店推奨のバストケアはこちら!

この記事を書いたプロ

立野恵梨

健康美を追究するプロ

立野恵梨(エステティックサロンソワンジュ&驚経ぺお)

Share

関連するコラム

立野恵梨プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-424-9500

 

施術中、電話に出られないことがございますのでご了承ください。
メッセージを残していただければ、折り返しお電話差し上げます。
よろしくお願いいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

立野恵梨

エステティックサロンソワンジュ&驚経ぺお

担当立野恵梨(たてのえり)

地図・アクセス

立野恵梨のソーシャルメディア

facebook
Facebook

立野恵梨プロのコンテンツ