まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
高須佳美

色と香りのコーディネートのプロ

高須佳美(たかすよしみ)

色と香りの総合企画 オフィスアルモニ

コラム

■色や香りで楽しむクリスマスリース■

色の本棚

2017年12月11日 / 2018年10月4日更新

今年もクリスマスリースを作りました。

クリスマスリースは、一般的には玄関に飾られることが多く。
これは、玄関に飾ることで家の中を守る、という意味があるからなのです。

リースには緑色のきれいな葉っぱがついていることが多いですが、この葉っぱがポイントです。
冬でも青々と葉を茂らせている常緑樹は、古くから強い生命力の象徴とされてきました。

また、葉自体にも殺菌作用や抗菌作用があるため、それらが転じて「災いから家族を守るもの」という意味が生まれたようです。

そして形、クリスマスリースは木の枝で作られた輪の形をしています。

輪には「終わりのない」「永遠」などの意味があり、聖書で神を表現する「私はアルファでありオメガである」「初めであり終わりである」などの言葉に通じるため、この形状は重要なのです。
特にクリスマスリースには、「終わりのない永遠の神の愛」という意味が込められています。
神の愛に敬意をこめて作られた形といえるでしょう。

また、クリスマスカラーといえば赤、緑、白、金が定番です。これらにはいろんな意味があります。
•赤・・・キリストの流した血、神の愛
•緑・・・永遠の命、神の永遠の愛
•白・・・純潔、罪のけがれのない清らかさ
•金・・・ベツレヘムの星(キリストの生誕を知らせる星)、高貴さ、希望
クリスマスリースも色や香り形の意味を知る事で
より楽しくワクワク感がアップいたしますね。
皆さんもクリスマスリース作って見ませんか?

【色彩や香りに関するお問い合わせはこちらまで】
高須 佳美 (色と香りのコーディネートのプロ)
色と香りの総合企画 オフィスアルモニ 076-451-5772まで
★取材記事はこちらhttp://pro.mbp-toyama.com/harmonie/
★アルモニホームページはこちらhttp://www1.odn.ne.jp/~cai33870/
★アクセスマップhttp://mbp-toyama.com/harmonie/access/

この記事を書いたプロ

高須佳美

高須佳美(たかすよしみ)

高須佳美プロのその他のコンテンツ

Share