まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
梶澤知恵子

皮膚科治療のプロ

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

梶澤知恵子プロのコラム一覧:ひふの疾患

【水虫と紛らわしい皮膚疾患 点状角質融解症】点状角質融解症は細菌が繁殖することによりひふの角質が溶け、足のうらやふちに数ミリ大の小さな浅い丸い凹みができ、一部つながったりします。足の皮膚がむけたり白くふやけて臭いがするなどの症状があり水虫と間違えられている場合も多いです...

パッチテストはかぶれの原因を調べる検査で背中などに検査薬をのせたテープをはり、2日後、3日後、1週間後等に皮膚の反応を見る検査です。貼った部位が赤くなっていると陽性で原因物質と推定できます。推定できる原因物質がある場合はそれを使用して調べます。原因がはっきりし...

ケロイドや肥厚性瘢痕は皮膚にできたキズが治る過程で過剰に線維成分がつくられて盛り上がったものです。 すり傷や手術のキズ、ニキビのあとにできることがあります。赤〜茶褐色調で硬みをおびたできもので、かゆみを伴うこともあります。 一度できてしまうとなかなか治りにくい...

がんというと結構急に進行してしまうですとか、いろんな臓器に転移して生命に重大な危機を及ぼすというイメージを皆さん持っておられるかと思います。皮膚がんにもメラノーマのように進行の早いがんもありますが、なかには年余にわたってあまり広がらずひふ部分にとどまっ...

爪に縦に黒い線ができたというご相談をうけることがあります。これは爪甲色素線条といい、原因としては・ほくろやメラノーマ(悪性黒色腫)等の腫瘍・内分泌疾患や代謝異常に伴うもの・靴や楽器を弾くことによる刺激・抗がん剤などの薬剤性があげられます。赤ちゃんや幼児...

口唇ヘルペスは俗に「熱の華」、「風邪のかた」などとも呼ばれており、ご存じの方も多いと思いますがくちびるやその周りに小さい水ぶくれがいくつか集まってできてきます。からだの免疫力が下がったときにできやすく、からだの疲れやストレス、発熱以外に紫外線を浴びることも発症の引き金に...

クリニックのYou Tubeチャンネルにローション剤の塗り方をupしました。ローション剤は1円玉大にだした量で大体成人の手の平2枚分の面積に塗るのが目安です。塗っている量が充分かまた確認してみられてくださいね。のばすときはすり込まず皮膚のしわにそって優しくのばすことが大切...

接触皮膚炎とは外から付着した物質により皮膚炎をおこしている状態をいいます。何かにかぶれたというとアレルギーだと思われる方も多いと思いますが、アレルギーが関係せず付着した物質により皮膚が直接ダメージを受けて皮膚炎を起こす刺激性接触皮膚炎とかぶれの原因物質を免疫担当細胞...

くちびるや口周りのしっしんの原因となるものとして食べ物や口紅、歯磨き粉などは容易に想像がつきますが、気がつかれにくいものとして金属アレルギーによるものがあげられます。缶ビール・缶ジュースなどの缶の接触によるものの他、子どもさんの口周りの治りにくいしっしんが...

赤ちゃんの頬や口周りの湿疹が繰り返してなかなか治らないというご相談が多いです。いくつかの原因が考えられますが、よくある事柄についてあげてみました。 1.塗っている量は適切でしょうか? ぬり薬は使用量が不十分だと湿疹の治りが悪くなります。ステロイドの副作用を誤解し...

赤ちゃんがいつの間にかほっぺを掻いていて、湿疹が治らない。そんなとき、掻いて皮膚が傷つかないようにミトンの手袋などで手をカバーしておられるのをよくみかけます。良い方法なのですが、手袋の繊維が粗いと逆効果です。縫い目が外側にある場合もも皮膚が傷つく原因になります...

乾燥する季節になりました。手荒れによる指の亀裂でお悩みの方も多いです。亀裂の治療にはいろいろな方法がありますがテープ剤や創傷被覆材などで亀裂部分を保護すると痛みが軽減されると共に外界からの刺激から患部を保護することができます。テープ剤にはステロイドのテープ剤...

 クラゲ刺症の症状 クラゲ刺症は腕や下肢に多く、刺されると痛みを感じ皮膚が腫れて赤みを伴います。触手が付着した部分は線状に並ぶ赤いぶつぶつや みみずばれがみられます。水ぶくれを伴う事もあります。  クラゲに刺されたときは 刺されたときは海水で洗います 。真...

本日は当番医で診療しておりましたが虫刺されで「ぽーんと腫れた」、「すごいかゆいです」とのことで受診される方が多かったです。虫さされの患者さんによく尋ねられる質問は「何の虫に刺されたんでしょうか?」というご質問なのですが刺された後の皮膚反応にはアレルギー反応が関...

チャドクガ、モンシロドクガの成虫、毛虫がいる樹木の周囲で遊んでいたり、草むしりなどの作業をしているときにそれらの毒針毛にさされて発症します。毛虫は年2回(6月から7月と9月から10月)発生し椿やサザンカにつきます。【症状】首や腕などの露出部に赤い丘疹ボツボツがで...

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ

Share

梶澤知恵子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子

皮膚科ちえこクリニック

担当梶澤知恵子(かじさわちえこ)

地図・アクセス

梶澤知恵子のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-04-30
instagram
Instagram
twitter
Twitter
2018-09-23
rss
ブログ
2018-09-23
facebook
Facebook
google-plus
Google+

梶澤知恵子のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-04-30
instagram
Instagram
twitter
Twitter
2018-09-23
rss
ブログ
2018-09-23
facebook
Facebook
google-plus
Google+

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ