まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
梶澤知恵子

皮膚科治療のプロ

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

コラム

秋から冬に多い疾患~ジベルばら色粃糠疹

ひふの疾患

2012年10月10日 / 2014年6月4日更新

まれな病気ならともかく、ほどほど日常診療で見かけるのに
病名を患者さんに告げると「えっ?」とか「なにそれ?」と
いう顔をされてしまうものの代表がジベルばら色粃糠疹です。
第2位は顔面播種状粟粒性狼瘡(LMDF)でしょうか
こっちはほどほどとは言えないかもしれませんが...
LMDFのお話はまたの機会にさせていただくとしまして
今回は秋から冬に多いジベルばら色粃糠疹につきまして。

ジベル(Gibert)と言うのはこの病気を報告された皮膚科医の名前です。
ジベルばら色粃糠疹ははじめに比較的大型の初発疹
(ヘラルドパッチとよばれます)が出て、その後
1~2cmの小型の鱗屑(辺縁にかさかさ)をつけた赤い発疹が
体幹(背や胸からおなか)を中心にたくさん出現します。
(ばら色粃糠疹=こまかいかさかさをつけた赤い発疹ということで
発疹の形がそのまま病名になってるわけですね。)
上半身に発疹が増えてきたと言って受診される方が多いです。
赤い発疹の長軸が皮膚割線に沿って左右対称性に分布する様は
(背骨を真ん中として上から下に向かって
末広がりに左右に対称性にたくさん発疹がならんでいる
イメージ)クリスマスツリー様外観と呼ばれています。

原因については不明な点も多いですが、
ヒトヘルペスウイルスの関連が示唆されています。
皮疹は1~2ヶ月で自然に消退します。

高岡市 皮膚科・美容皮膚科 皮膚科ちえこクリニック



Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/115649997480064236959

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/

皮膚科治療のプロ 梶澤知恵子 紹介記事はこちら
http://mbp-toyama.com/chiekocl/

ケーブルテレビでしみのケアについてお話ししました
http://webun.jp/movie/life/2824

この記事を書いたプロ

梶澤知恵子

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ

Share

梶澤知恵子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子

皮膚科ちえこクリニック

担当梶澤知恵子(かじさわちえこ)

地図・アクセス

梶澤知恵子のソーシャルメディア

youtube
youtube
2018-04-30
instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-19
rss
rss
2018-08-19
facebook
facebook
google-plus
google-plus

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ