マイベストプロ富山
梶澤知恵子

皮膚科治療のプロ

梶澤知恵子(かじさわちえこ) / 皮膚科医

皮膚科ちえこクリニック

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

コラム

ぬり薬の使用期限について

2012年4月27日 公開 / 2014年6月4日更新

テーマ:ひふの疾患

コラムカテゴリ:医療・病院

当院も開院後7年目となり、久しぶりに来院してくださる方も多く、
うれしく思っておりますが、前回受診時に残った薬(2~3年経った塗り薬)を
使用したという話を時々聞くことがあります...

薬には使用期限があります。
チューブの軟膏ですとチューブのおしりの部分に使用期限の刻印があり、
開封前であれば使用期限が切れてなかったらOK。
開封後は半年位の間に使用が目安です。

軟膏チューブの刻印

容器に入っている混合剤の場合は、4週間までは効能の変化がないことが
試験されている組み合わせが多いのですが、それ以後は不明な場合も多々あります。
時間が経つと大体薬の効き目は弱くなっていきます。
また変質してかぶれを起こしたり、雑菌が繁殖して不潔になっている場合もありますので、
治療が終わったら残った薬は廃棄して、古い薬は使用しないようにしてください。

そもそも治療薬というのは診察された時点での患者さんの状態に
あわせて処方されているものです。
前と同じひふ病だろうと自己判断で残しておいた古い薬を使用するのは厳禁。
その都度、受診して自分の現在のひふ症状に最もあっている薬を使用するようにしましょう。

皮膚科ちえこクリニックホームページ
http://www.chieko-clinic.jp/

Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/115649997480064236959

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/

皮膚科治療のプロ 梶澤知恵子

この記事を書いたプロ

梶澤知恵子

皮膚科治療のプロ

梶澤知恵子(皮膚科ちえこクリニック)

Share

関連するコラム

梶澤知恵子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

 

※診療予約は予約サイトをご利用ください

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子

皮膚科ちえこクリニック

担当梶澤知恵子(かじさわちえこ)

地図・アクセス

梶澤知恵子のソーシャルメディア

instagram
Instagram
twitter
Twitter
2021-11-28
youtube
YouTube
2021-08-17
rss
アメブロ
2021-11-28
facebook
Facebook