まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取

プロのコラム一覧

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

吉田成年

吉田成年プロ

土地選び 『住宅の地盤』

土地選び 2016-07-18

 住宅を新築する時、いったい全部でいくらくらいかかるんだろうってお考えになると思います。 建物の費用だけでは家は建たないのは当たり前ですが全体の費用としてまずは ① 建物の値段。 建物の値段って言っても、よくチラシなんかで見る本体工事費!。本体工事費って何かな? 実は私にもよくわかりません。各社基準がバラバラなので。本体工事費を安く見せようと思ったら、いくらでも安く見せることができ...

川原康寛

川原康寛プロ

財産評価について

相続・贈与 2016-07-15

今年の梅雨は蒸し暑いですね。体調管理はしっかりしたいものです。 さて、今回は財産評価の概要について簡単に綴っていきます。 相続や遺贈、贈与は、財産をタダでもらうことと同じです。ただし、相続税や贈与税は、どれだけの価値のものをもらったかを評価し、値段を決めなければ計算ができません。そのため、いくらで評価し、値段をつけることが重要です。100万円の現金は誰が値段をつけても100万円です。...

吉田成年

吉田成年プロ

土地選び 『土地の環境』

土地選び 2016-07-11

お客様のためによく土地探しをします。 新しい分譲地。 これまで畑だったりした場所が10区画くらいの分譲地になってたりします。環境もよくて、これから新しく家を建てて住まわれる方ばかりなので、新鮮だし、古くからの土地のしがらみも少ないです。上下水道もきちんと完備され数年後には素敵な家が立ち並ぶ住宅地になったりします。 こんな土地を世話してあげたいなぁといつも思うのですが、なかなか現実は金額的...

川原康寛

川原康寛プロ

贈与税の配偶者控除の特例

相続・贈与 2016-07-08

贈与税の配偶者控除の特例とは、 配偶者が居住用不動産の購入または、 その建築資金を贈与されたときに 贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度です。 贈与税は、 相続税を補う税として設けられているものですが、 配偶者間の贈与については特別な措置が取られます。 なお、この制度による贈与については、 110万円の贈与税の基礎控除 (生前に財産...

吉田成年

吉田成年プロ

土地選び  『計画上の場所』

土地選び 2016-07-03

土地選びの注意点 住宅を建てる時、現在所有している土地に住宅を建てる場合を除いて、土地探しからされることが多いと思います。 家を建てる上で、土地の費用は住宅の建設費と並び大きなウエイトを占めます。 便利でよい環境の土地はそれなりに坪単価も高くなりますね。 出来るだけ安い土地でいい土地を見つけて、全体の費用を安く抑えたいのですが、土地を探す時に知っておきたいこと、注意点をお話しした...

川原康寛

川原康寛プロ

贈与税を納税するときの国籍と住所による違いについて

相続・贈与 2016-07-01

「贈与税を納税するときの国籍と住所による違い」 贈与税を納税する人は、原則として、贈与により財産を取得した個人に課税されます。 つまり、現金や不動産などの財産を受け取った人に贈与税がかかるということです。 ここでいう「個人」とは、 所属する団体や地位などとは無関係な立場に立った、人間として人格を持つ一人を指します。 つまり、生身の人間のことを指します。 ただし、贈...

川原康寛

川原康寛プロ

遺言で認められること、認められないこと

相続・贈与 2016-06-24

今回のコラムは、遺言で認められること、認められないことを項目ごとに説明をしていきます。 民法により、遺言でできる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。  財産処分 法定相続人の遺留分(残された家族が受け取ることのできる最低限の財産)を侵害しない範囲で、相続人以外の人へ遺贈または遺言での寄付行為、信託(他人に財産の管理、または処分をまかせる)の指定ができます。...

川原康寛

川原康寛プロ

失踪宣告と認定死亡について

相続・贈与 2016-06-03

今日は相続がいつから開始するのか?についてお話します。 相続は民法により、「死亡によって開始する」と決められています。 つまり、相続は被相続人が死亡した瞬間から開始されます。 被相続人が死亡すれば、その相続財産は相続人の意志や内心などにかかわらず、 相続人にまとめて承継されることになります。 では、相続における「死亡」とはどういう意味なのでしょうか。 実は、死亡には...

川原康寛

川原康寛プロ

相続税以外に発生する税金への申告と対策、準確定申告とは?

相続・贈与 2016-05-27

相続が発生した場合、10ヶ月以内に相続税の申告と納付をしなければなりません。この10ヶ月をあなたは長く感じるでしょうか、実は、相続が発生した場合には、相続税の申告以外にも、しなければいけないことがたくさんあります。 例えば、被相続人が亡くなれば、すぐに通夜をとり行わなければなりません。その前に、関係者への連絡や葬儀の準備もあります。葬儀が終われば、葬式費用の処理があり、初七日法要の準備...

川原康寛

川原康寛プロ

相続税が発生した場合の納め方

2016-05-20

相続税が発生した場合、どのようにして相続税は納めるのでしょうか? 基本的なことなのですが、相続税を納めることはとても少ないので、今回、簡単に綴っていきたいと思います。 相続税は原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から、10か月以内に現金で(それも一括で)納めなくてはなりません。税金の納付場所は、金融機関(銀行、郵便局等)または所轄税務署です。もし、納付が定められた期限に...

川原康寛

川原康寛プロ

相続でよくある遺産分割とはなにか

相続・贈与 2016-05-13

遺産分割とは、その名の通り、被相続人の遺した財産を相続人で分けることです。 しかし、被相続人の財産を分割する作業はとても大変です。なぜなら、相続人を特定し、相続をする財産について全員の同意が必要だからです。 また、相続税の申告が不要の場合、分割の作業すらしていないこともあります。しかも遺産分割の期限がないので、いつでもできるという意識から先延ばしになり、結果、先代や先々代の名義の...

吉田成年

吉田成年プロ

安くていい家

家づくり 2016-05-09

ほとんどの人が安くていい家を建てたいと考えておられると思います。 いくら安くても、地震に対して弱かったり、雨漏りがしたり、すきま風が入ってくる家 ではたまりません。また、安く出来たけど、すぐに修繕が必要になるようでも困ります。 やっぱり「安くていい家」なんていうのは無理なんでしょうか? そもそも「安くていい家」とはどんな家なんでしょう。 いくらだから安い! とか こんな造り...

川原康寛

川原康寛プロ

骨董品や美術品が相続財産にある場合の評価

相続・贈与 2016-05-06

相続財産の中には骨董品や美術品がある場合があります。 株や現金など、誰が見ても評価がしやすいものとは違い、一見ではなかなか評価しにくいものもあります。今回は骨董品や美術品の評価について綴っていきます。 骨董品・美術品の評価は原則として「時価」により評価します。しかし、そのときの時価は骨董品・美術品ごとに変わるため、価格ははっきりわかりません。そのため、売買実例価額や精通者意見価格...

吉田成年

吉田成年プロ

資金計画の落とし穴 

家づくり 2016-04-27

家を建てるにあたって大切なのは資金計画です。 どんなに素敵な家でも、思い描いていた家が出来たとしても、資金計画に無理があれば、 幸せが不幸せに変わってしまいます。 不幸せになりやすい資金計画その①は ① 月々の返済額を少なめにして、ボーナス払いを多くする。 ということです。 月々の返済は出来るだけ無理したくない、ボーナス払いの金額を多くして建てればなんとかなる! とか...

川原康寛

川原康寛プロ

相続での「名義預金」の注意点

相続・贈与 2016-04-26

名義預金とは、ご存じの通り、自分以外の名義で作った預金口座で、実質的な所有がその名義人と違うことをいいます。そのため、相続の際にもよくキーワードとしてあがってきます。 例えば、「成人したら渡そう」「自分が死んだら渡そう」と、奥さんや子、孫の名義で通帳を作り、長い間少しずつ預金してきた通帳はありませんか? 家族の名義で作った通帳とその印鑑を家族に渡さず、口座を作った人が持ったままになって...

川原康寛

川原康寛プロ

死亡保険金がおりたときに注意すること

相続・贈与 2016-04-21

死亡保険金は、どの家庭でも誰かは加入している保険だと思います。そのため、多くの方が被相続人の死亡によって保険金が支払われます。 一般的に支払われる死亡保険金には以下のようなものがあります。 ・ 生命保険会社、かんぽ、農協などで契約をしている生命保険契約の保険金  ・ 損害保険会社から、偶発の事故に基因する死亡に伴い支払われる損害保険契約の保険金 死亡保険金を受け取る際...

吉田成年

吉田成年プロ

夢を実現

建築日々つれづれ 2016-02-15

昨年、私の事務所にお越しになられたご夫婦の話です。 「どうしても自分の家が建てたくっていろいろなところを回ったけどダメで、吉田さんのところに来ました・・・。」とのこと。 現在、借家に住んでおられて家賃が月に4万円。 いつまでも借家に住むということは、なかなか将来像が描けなく、 小さくてもいいから夫婦2人の住宅が持ちたいとのことでした。 でも、月の支払いは今の借家の家賃4万円が精...

川原康寛

川原康寛プロ

相続税を多く払った場合、返してもらえる可能性があります

相続・贈与 2015-12-11

一度納めた相続税は、返してもらえる可能性があります。これを、「相続税の還付」といいます。 もちろん全員100%、相続税の還付ができるわけではありませんが、相続税を本来の適正な額よりも多く払いすぎた場合に、「更正の請求」という、間違いを正す申し出をすることができます。 【相続税は専門性がとても高い】 税理士は一般的に法人税、所得税を専門にすることが多く、相続税を専門としている税理士は...

川原康寛

川原康寛プロ

続・遺言の決まりごとについて

相続・贈与 2015-12-03

前回、遺言の決まりごとについてお伝えしましたところ、お問い合わせを数件頂きました。 今回も皆様に遺言の決まりごとについて詳しくお伝え出来ればと思います。 少し踏み込んだ内容になってきますので、専門用語が多くなりますが、出来る限り簡素化してお伝え出来ればと思います。 【財産処分】 法定相続人の遺留分(残された家族が受け取ることのできる最低限の財産)を侵害しない範囲で、相続人以外...

川原康寛

川原康寛プロ

遺言の決まりごとについて

相続・贈与 2015-11-25

今回のコラムは“遺言”についての決まりごとをお伝えします。 遺言とは、自分の持っていた財産の処分方法を示して、死後に遺言通りに実行する制度です。遺言は、亡くなった人の意思であり、唯一、遺族に意思を伝えることができる方法です。 しかし、内容の真意は本人がいないので、確かめることはできません。そのため、亡くなった人の意思を保証するために、民法では厳格な要項を定め、決められた手続に従っ...

川原康寛

川原康寛プロ

相続税を払わずに、税務署に黙ったまま時効を待つのは可能か

相続・贈与 2015-09-29

今回のコラムは、少し変わった(?)内容をテーマに書いていこうと思います。 被相続人が亡くなった場合、相続が発生します。 相続税の申告期限は、相続の開始があったことを知った日から10か月以内です。しかし、少ない財産だし、相続税はかからないだろうと思いこんで、相続税がかかるが相続税の申告をしていなかった場合はどうなるのでしょうか。そのまま、放っておいて、相続税を納めなくてよいことなど、あ...

川原康寛

川原康寛プロ

贈与税がかかる財産・かからない財産

相続・贈与 2015-09-25

財産を贈与する場合、贈与税がかかる財産とかからない財産があります。 生前に、ついあげてしまった、もしくは売ってしまった財産があったとします。しかし、実は贈与税がかかる財産だったなど、後々に発覚した場合は、当初予測していた税額よりも増えてしまうことがあるかもしれません。 ここでは、いろいろな財産のなかで贈与税がかかる財産と、かからない財産を項目ごとに説明をしていきます。  【...

川原康寛

川原康寛プロ

贈与で得た財産はいつから取得したことになるのか?

相続・贈与 2015-09-22

贈与による財産の取得時期はとても重要です。 取得時期によって、納税義務の発生時期、財産評価の評価時期、申告期限および税率の適用など、いろいろなことに影響があるからです。 では、贈与による財産の取得の時期は、いつになるのでしょうか。 例えば雑談のなかで、「土地をあげるよ」「現金をあげるよ」など、話をした場合は成立するのでしょうか。また、書面できっちりと決める場合には、書面を作...

川原康寛

川原康寛プロ

相続人がいない場合はどうするの?

相続・贈与 2015-09-16

前回のコラムで、相続財産を受け取る権利がある人たち(相続人)について説明をしました。 しかし、被相続人(亡くなった人)に法定相続人(法律で定められた、正規の相続人)がいない場合は財産はどうなるのでしょうか? 例えば下記のようなことは、起こりうることです。  ◆ 被相続人の父母(祖父祖母)が既に死亡して、被相続人に配偶者や兄弟姉妹などがいない場合  ◆ 被相続人の配偶者、子...

足立博俊

足立博俊プロ

本日の山陰中央新報の新聞に山陰中央新報文化センターのコーチング講座をとりあげていただきました。

2015-08-16

みなさん、こんばんは 本日(平成27年8月16日)山陰中央新報の新聞20面イベント情報に山陰中央新報文化センター松江教室のコーチング講座「あなたの可能性を引き出す実践コーチング(全6回)」を取り上げていただきました。 8月22日(土)からスタートいたします。 コーチングがきっとあなたのそしてあなたの会社のお役になることと思います。 ご参加をお待ちしています。

川原康寛

川原康寛プロ

相続財産は誰でも受け取れるのか?

相続・贈与 2015-08-05

今回のコラムのテーマは「相続人」についてです。 この相続人ですが、いったいどこまでの親族を指すのか、そして相続財産をもらえる優先順位はあるのか、など意外と知られていないことが多いです。 遠い親戚でも財産をもらう権利があるのか?親戚といってもどこまでをいうのか?などなど、実際に相続が発生した場合、相続人のルールがなければ相続人がどんどん増えてしまいますよね。そこで、ここから相続人に...

川原康寛

川原康寛プロ

【相続税の申告までの流れ】

相続・贈与 2015-07-10

今回は、相続が開始され、申告の手続きまでの流れを簡単に綴っていきます。 相続は、親族の突然の死亡から開始します。ご親族に不幸があった場合、頭が真っ白になり冷静さを失って、悲しみに暮れると思います。そのため、相続税の申告のことを考える余裕がないかもしれません。 しかも、相続が発生した場合、葬儀やその他の行事が立て込むことから、相続開始から相続税の申告期限までの期間は精神的にも物理的...

川原康寛

川原康寛プロ

【贈与税とはどんな税金?】

相続・贈与 2015-06-28

前回のコラムで「相続税とはなにか?」を綴りました。 最近では相続とセットで「贈与」という言葉もよく聞かれます。 ということで、今回は「贈与税とはどんな税金?」というテーマで綴っていきます。 【相続税と贈与税について】 財産を持っている人が亡くなると、その財産は次の世代の人(子や孫)に引き継がれます。 しかし、引き継ぐタイミングにより「贈与」と「相続」に分かれます。 ...

川原康寛

川原康寛プロ

【相続税とはどんな税金?】

相続・贈与 2015-06-26

相続税ってどんな税金なのかご存知ですか? 最近、「相続税が~」や「いままでかかっていなかった人がこれからは~」などという話をよく聞きませんか? テレビや新聞、雑誌などのメディアでよく使われているこのフレーズですが、そもそも相続税って何なのでしょうか。そんなに世間で騒ぐほどのことなのでしょうか。このような状況をただ漠然とみている人も多いと思います。 しかし、意外に相続税の性質...

東井規至

東井規至プロ

初めての投稿です

2014-12-10

先日12/6 12/7に山本恭司さん織田哲郎さんのライブイベントの音響を担当させていただきました、大変素晴らしいステージでした。

Share