マイベストプロ東京
  1. カリフォルニア州で株式会社を設立する際の手続きや申請方法について記事を公開しました
小野智博

企業の米国進出を販路開拓からワンストップで支援する弁護士

小野智博(おのともひろ) / 弁護士

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所

コラム

カリフォルニア州で株式会社を設立する際の手続きや申請方法について記事を公開しました

2020年3月26日

コラムカテゴリ:ビジネス

カリフォルニア州で株式会社を設立する際の手続きや申請方法について、海外進出・海外展開の観点から記事を公開しました。

詳細はこちら

1 会社設立の手続きの流れ
 1.1 会社形態の選択
 1.2 会社設立地域の選択
 1.3 会社名の決定
 1.4 定款の登録
 1.5 取締役の選任と取締役会の開催
 1.6 Statement of Information の申請
 1.7 連邦雇用者番号(EIN) (=Federal Tax ID ナンバー)の取得
 1.8 株式の発行
 1.9 州雇用者番号の取得(State of Tax ナンバーの取得)
 1.10 米国商務省へBE-13 又はBE13 Exemption Claim (BE-13 書類提出免除)の提出
 1.11 ビジネスライセンスの取得
 1.12 Fictitious Business Name の登録
 1.13 Business Property の申請
 1.14 販売許可(Seller’s Permit)の取得
 1.15 その他
2 手続きに関する一般的な質問事項
 2.1 日本に住みながらアメリカで会社設立が可能か
 2.2 一人で会社設立が可能か
 2.3 会社設立に要する期間は
 2.4 会社設立に要する費用
 2.5 他州で会社設立してカリフォルニア州で事業を行う場合の所得税
 2.6 日本で事業を行う場合のアメリカでの税金について
 2.7 土地所有の可否について
 2.8 資本金に関する規制について
3 カリフォルニア州で会社設立する際のチェックリスト(まとめ)

続き(全文)を読む

この記事を書いたプロ

小野智博

企業の米国進出を販路開拓からワンストップで支援する弁護士

小野智博(弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所)

Share

小野智博プロのコンテンツ