まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美(やまぐちさとみ)

司法書士法人コスモ

コラム

◆遺言をせず、「法定相続」となる場合のリスクとは?◆~相続手続き~

相続手続き

2014年10月9日

こんにちは!
司法書士 行政書士 山口里美です。

今日もからっとした気持ち良いお天気です。

相続が生じた場合、「遺言」を残しておかれない限り、
遺留分減殺請求の場合を除き、基本的に「法定相続」に従って相続財産が分配されることは、皆様ご存じのことと思います。

この「法定相続」。
実は、民法改正後に導入されてから70年ほどしか経過しておりません。
それ以前は、旧民法により「家督相続」で戸主から財産が引き継がれておりました。

70年ほどの間に法定相続が2回、3回と繰り返され、
実は大変な事態も一部に生じております。

自宅については遺産分割協議で「誰が相続する」と話し合ったとしても、
田舎の山林や、雑種地などは法定相続のままで放置される場合が多いもの。
そのたびに登記を済ませておかれればまだよいのですが、
登記も放置されて、更に法定相続が繰り返された場合。。
ご家族が増えれば増えるほど、相続人の数が膨大に増え、
「知らない間に、恐ろしい数の共有者が存在する」という事態が起こります。

実際、私が扱った事案では、相続人が84名という事例がありました。
相続関係図はもう巻紙のよう。
このような共有状態になると、その不動産を売却するのはもう至難の業。
売却の意思を確認するどころか、誰がどこにいるのかわからないなどという事態も起こります。

だからこそ、親世代は「子世代に法定相続で任せておけばよい」と思わるのは危険です。
「遺言を残すことに抵抗があるゆえに何もしない→放置する」
ことそのものが、リスクになる場合が多いのです。





★親世代と子世代が、まずは顔を見合わせて話し合うことから始められるように。
 揉めないための「大人世代の法律知識」をこれからも皆様に御伝えしてまいります!
   ↓ ↓
 司法書士法人コスモ
 http://www.cos-mo.jp/
 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせはこちら!

東京駅八重洲南口徒歩3分!
司法書士 山口里美へのお問い合わせはこちら。
  ↓
http://mbp-tokyo.com/cosmo/detail/

電話03-6703-0044(受付08:50~17:50)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせ、
司法書士法人コスモグループについてはこちら。
http://www.cos-mo.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Facebookページはこちら☆
http://www.facebook.com/satomi.yamaguchi.357

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、お気軽にお問い合わせ下さい!メールアドレスはこちら。
yamaguchis@cos-mo.jp

この記事を書いたプロ

山口里美

山口里美(やまぐちさとみ)

山口里美プロのその他のコンテンツ

Share