マイベストプロ東京
日高りえ

死別の痛みを癒し生きる力に変えるグリーフカウンセラー

日高りえ(ひだかりえ)

ファンボイス

プロフィール

日高りえプロの写真

日高りえプロの一番の強み

亡くした悲しみを癒し生きる力と幸せを見つけるカウンセリング

大切な人を亡くした人の悲しみをじっくり聴き、現在も過去も直視することができず、未来さえも描けなくなった心を癒すカウンセリングが特徴。そして、もう一度、生きる気力が生まれるように導くコーチングも強み。

経歴

1969年北海道旭川市生まれ。地元の高校を卒業後、劇団に入るために東京に上京。劇団四季で「美女と野獣」などに出演。その後も、テレビやCM、イベント、声の出演をしています。日本橋三越劇場では、ファミリーミュージカルに主演し、全国公演を行ってきました。

そこから、心理学とカウンリングを学び、米国NLP協会認定 NLPマスター・プラクティショナーを取得。

2010年より死別専門カウンセリング中心に、頑張っている人や心癒されたい人に向けたサービスを提供しています。現在約300名のカウンセリングを行い、悲しみから立ち直るための手助けをしています。

2015年より毎日メールで心に響くメッセージを配信し続け、これまでの配信数は1000件を超えています。

2012年24時間テレビ スペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」の原作となった、車イスのカウンセラー長谷川泰三氏を師匠に持つ。

余談ですが、ぬいぐるみ好きが高じて、羊毛ゆるきゃらクリエイターとして、『癒し隊(癒したい)』を製作

実績

カウンセリング300件以上

心に響くメッセージメール1,000件以上

DATA

氏名
日高りえ(ひだかりえ)
屋号
ファンボイス
事業内容
■ グリーフケアカウンセリング
■ グリーフケアカウンセリングおよびコーチングの継続セッション
■ ペットロスカウンセリング
■ シリーズ「心に響くメッセージ」のメール配信
■ 朗読セラピーの提供
取扱分野
● グリーフケアカウンセリングおよびコーチングの継続セッション
特徴
最愛の夫を亡くし悲しみを克服した自分自身の経験と、習得した心理学やカウンセリング、NLPなどの手法を融合して、死別した悲しみを背負っている人専門に心のケアを行なっている。周囲に話せなくなる辛さや、孤独、描けない未来に対する生きる気力の喪失など、様々な問題の解決を支援している。役者としても活躍している日高さんの「朗読セラピー」は、聴くだけで心癒される、と好評。
職種
カウンセラー/グリーフ専門士
住所
〒107-0062
東京都 港区南青山2-2-15-942
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休
ホームページ
http://angelqp.com/
Share

日高りえプロのコンテンツ