まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中憲男

患者とじっくり向き合う矯正歯科医

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3632-6777

コラム

継続は力なり!歯科矯正と人気ホワイトニングをした7年後の現在は?

2017年4月5日 / 2017年9月22日更新

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

私は成人式の日は朝から京都に行ってきました。
本当は日と祝の2日間開催のセミナーだったのですけど、日曜は外勤があったため、1日のみの参加になってしまいました。

セミナーの内容はまた別の日にでも御報告しますが、歯科に直結している内容ではなく、自己啓発系セミナーです。
自己啓発系と聞くと、なんか怪しい感じがするよね!という人も結構おります。

たしかに、世間には怪しい人もたくさんいます。
僕はセミナー主催者が出している書籍はすべて読み込んでからの参加です。
ですので、セミナーの話の内容は本に書いてあることですから、わざわざ行く必要はないのです。

それでもセミナーに参加する理由は?
その人のオーラを感じたいとでもいうのでしょうか?
音楽に例えるならCDで聞くのではなく、ライブに行くといえば わかりやすいと思います!
それでは、本日テーマですが、一風かわった内容です。

継続は力なり!歯科矯正と人気ホワイトニングをした7年後の現在は?
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

健康に、究極の審美歯科資料には歯科矯正の必要性があります!

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
12月も半ばを過ぎて師走の忙しさがはじまってきました。
最近はノロウイスルが流行していますので、手洗いやうがいといった予防がとても重要です。私どものような医療機関にお越しになったあとは必ずうがいや手洗いを十分におこなってください。
懇意にしている先輩の歯科医師は3日間で3Kgも激やせしたと聞いております。 2012年も残り半月です、みなさまがんばっていきましょう!

さて、素人である患者さんの多くに、矯正歯科と審美歯科がごちゃまぜになっている方が多くいらしゃいます。
ネットの広告などでよく3回で終わる歯列矯正歯科!
などといったタイトルをごらんになったことがあると思いますが、これは矯正歯科ではありません。
正確にいえば補綴歯科です。つまり歯を削ってセラミッククラウンをかぶせる処置になります。

自分の歯を並べて治療する矯正歯科は早くても1年、通常は2年程度の治療期間が必要になります。3回で完了する補綴歯科は早いのはメリットですが、やはり人工物ですので経年劣化があります。また、不正な歯にかぶせても、歯茎のコンデイションが不良になる場合が多いいです。

悪いことばかりではなく、メリットも沢山あります。前回のブログでも同じようなことを話ましたが、1つの治療をすべて補綴歯科で完了するのではなく、矯正歯科でなおしたほうが良い部分は矯正歯科で、歯を白くしたいのは審美歯科で、銀歯を治したいのは補綴歯科でと
適材適所の治療が良好な結果を生みます。反対にいえば、矯正歯科で全て治療を完了しても、歯を白くしたいなどといった要望は達成できないわけであります。

本日の症例はそんな 適材適所で治療完了した患者さんの1例です。
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記]]つづきはこちらから

最高の仕上がりの歯、審美歯科と矯正歯科の合わせ治療とは?

みなさまおはようございます。
東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です

毎日、ブログの更新をしようと試みていたのですが、なかなか時間が作れずに伸び伸びとなってしまったことをお詫びいたします。

今月の初めまで、週に1人のペースで上下顎骨切り手術のため出張が続きました。3症例とも経過はとても順調ですので、これも千葉西病院の小林先生のおかげです。
最近は下顎のみの手術に関しては小林先生に一任しており、僕が手術室に同席するのは上顎を手術する場合に限っております。

さて、当院が主催した今月の3日(祝日)におこなわれた「歯科用CTを日常臨床に応用する」セミナーはとても好評に終わりました。

定員30名に対して、参加者は27名。実際は29名の申込みがありました。
感想としては、セミナーの受講生の先生方が、日ごろ疑問に思っている内容がどういったことか理解でき、今後の方向性がはっきりしてきました。

さて、本日のテーマは

最高の仕上がりの歯、審美歯科と矯正歯科の合わせ治療とは?プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

田中憲男

田中憲男(たなかのりお)

田中憲男プロのその他のコンテンツ

Share

田中憲男プロのその他のコンテンツ