まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中憲男

患者とじっくり向き合う矯正歯科医

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3632-6777

コラム

【歯科矯正 開咬症例】上下裏側装置で治療を開始する40代女性

2017年2月6日 / 2017年2月22日更新

みなさん!
新しいブログを訪問していただき、本当にありがとうございます!
12年間、ライブドアブログを使用してきました。

本日からはワードプレスブログデビューします!
また、旧ライブドアブログ内での日記もしっかりと本ブログに引っ越しいたしました。

いままで以上に読みやすい記事、レイアウトを大切にしていきますのでよろしくお願いします!

今回、新しいブログでチャレンジしていく内容としては
治療完了した症例だけでなく、これから治療開始する症例にもスポットを当てることです。

つまり、
うまく治った症例だけでなく、リアルタイムに治療の変化を追うことができます。
また、最初に発表することで、僕自身、資料取りをしっかりとおこなえそうです!

それでは、おまたせしました!
本日の症例です
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

【裏側矯正治療】外科矯正治療を手術せずに裏側矯正治療にした症

みなさまおはようございます
東京都のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

1週間あけてのブログ更新となってしまいました。
本日も恒例のクリック 
歯科医 ブログランキングへ

よろしくお願いします!

昨日、母校昭和大学准教授から1通のメールがありました。
自分の先輩である某先生が体調が悪いそうで、土日の診療を代わってほしいとのことでした。

どの程度体調がよくないのかは不明ですが、こういったことはお互いに助け合いですので自分ができることは少しでも手伝う方向で検討しております。

プロ矯正歯科も非常に混雑しておりみなさまにも大変迷惑をかけてしまうことも予想されますが、何卒御理解よろしくお願いします。
本日の症例は外科矯正治療を手術なしで裏側矯正治療をおこなった症例です
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

【裏側矯正装置】治療期間が長くなっても審美的な利点もあるとは?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です

新学期もはじまり、新しい生活が軌道にのってきましたか?

矯正歯科クリニックの場合は4月の新学期開始時期は新しい患者さんの予約も少なく、平穏な毎日でしたが、おちついてきた今週末あたりからはどんどん忙しくなってきました。

昨日も本日もそうですが、初診相談の患者さんはなるべく本人の希望通りの予約時間をおとりしないと無断キャンセルになる確率がぐっとあがります。これはきちんと統計をしていないので数値化できませんが、経験的に間違いありません。

ですから、通常予約どおりの患者さんの枠とは別枠で、初診相談を受け入れている時もございます。

案の定、昨日の夜は診療終了時間を大幅に超えてしまい、夜9時ころまでの診療となってしまいました。
スタッフには大変申し訳ありませんが、なんとか乗り越えていきたいとおもってます。

また、せっかく予約をとっていただいた患者さんの時間にもお待たせしてしまうこともあると思いますが、何卒よろしくお願いします。

さて、本日のテーマは

【裏側矯正装置】治療期間が長くなっても審美的な利点もあるとは?

過去にも何回か同じようなテーマでお話をさせていただいたことがあると思います。
プロ矯正歯科院長先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

田中憲男

田中憲男(たなかのりお)

田中憲男プロのその他のコンテンツ

Share

田中憲男プロのその他のコンテンツ