まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ栃木
石原幹司郎

遺産相続を専門に地域住民に寄り添う司法書士

石原幹司郎(いしはらかんしろう)

石原法務司法書士事務所

石原幹司郎プロのコラム一覧:相続の専門家だけが知っている

【遺言の基礎知識】 遺言とは 遺言とは、個人が築いてきた財産を、有効かつ有意義に活用してもらうために、一定の方式のもとで行う遺言者の意思表示です。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方式が定められています。 遺言でできる事項 (1)身分関係に...

【相続人不存在】 相続財産管理制度 空き家等問題における、空き家化の最大の原因は、不動産等の相続未了にあります。その未相続の要因の一つに相続人の不存在をあげることができます。この相続人の不存在とは、そもそも、相続人がいない、もしくは亡くなっている等により生じる場合もあり...

【空き家問題】 空き家の増加 平成25年統計で空き家は全国820万戸、空き家率13.5%もあり、今や7~8軒のうち1軒が空き家ということになります。空き家の増加に伴い① 隣の空き家が所有者もわからず放置されたままで物騒だ・・・② 空き家を相続して売却したいのだが、...

【遺産分割協議の方法】 遺産分割とは 相続人が複数いる場合、遺産はいったん相続人の相続分に従って全員のもの(遺産共有)となります。そこで、遺産を構成する個々の財産を相続人のうち誰のものにするかなど、終局的な帰属を確定する手続きが必要になります。これを遺産分割といいま...

【遺産の評価】遺産がどの程度の価値を有するのか、その基準や評価の方法を紹介します。 不動産 遺産分割において不動産は実際の取引価格(時価)で評価します。時価は、近隣の取引事例、不動産業者の意見、以下の官公署の評価額などを参考にしながら決めていきます。合意が得られない...

【寄与分】 寄与分とは 寄与分とは被相続人(死亡した人)の財産の維持または増加について「特別の寄与・貢献」をした相続人がいる場合に、その者に本来の相続分を超える額の財産を与えることにより、共同相続人間の公平を図る制度をいいます。「特別の寄与」という点がポイントで、通常期...

【特別受益】 特別受益者の相続分 相続分は、通常は相続開始の時、すなわち被相続人が死亡した時に残った遺産をもとに算定します。しかし、共同相続人の中に被相続人から生前に特別の贈与を受け、または遺言によって遺贈を受けた者、いわゆる特別受益者がいるときは、不公平にならないよう...

【遺留分減殺】 遺留分とは 相続の割合は遺言で自由に決められます。被相続人(死亡した人)が生前に贈与することも自由です。しかし、これを無制限に認めてしまうと、他の相続人の生活保障という相続の制度趣旨が損なわれてしまいます。そこで、遺言などがあっても最低限の相続財産を留保...

【法定相続分】 相続分 人が死亡して相続が起こる場合、死亡した人を被相続人といい、法律上相続する権利のある人を相続人といいます。また相続人の受ける財産の割合を相続分といいます。相続分は遺言によってその割合を指定してもよいし、遺言がなければ法律による割合が定められています。...

【相続の基本】 相続とは 相続は、人の死亡によって開始します。相続とは人が死亡したときに、その人の配偶者や子などが遺産(借金などマイナス財産を含む)を承継することをいいます。相続人は、被相続人(死亡した人)が死亡したことを知らなくても、相続開始の時から一切の権利義務を...

石原幹司郎プロのその他のコンテンツ

Share

石原幹司郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-351-715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石原幹司郎

石原法務司法書士事務所

担当石原幹司郎(いしはらかんしろう)

地図・アクセス

石原幹司郎のソーシャルメディア

google-plus
google-plus

石原幹司郎プロのその他のコンテンツ