まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
小林正樹

社団・財団法人のプロ

小林正樹(こばやしまさき)

税理士法人ケイシーシー

コラム

反対意見は議事録に記載すべき!!

一般法

2017年7月26日

 毎度、コラムをご覧いただきありがとうございます。
公益社団法人・財団法人、一般社団法人・財団法人の
トータル支援をさせていただいております税理士法人ケイシーシーの小林です。


 ここでは、理事会議事録の注意すべき点を一つ取り上げます。

議事録の記載内容


 議事録には、開催日時・場所・議事の経過の要領及びその結果等々を
記載する必要があります。
 議事の経過の要領のおいて、議題についての反対意見をしっかりと記載
する必要があります。


異議は絶対とどめなきゃダメ!!


 一般法人法では、理事会の決議に参加した理事であって議事録に異議
をとどめないものは、その決議に賛成したものと推定されます。例えば、利益
相反取引により、法人に損害が生じたとき、反対意見が議事録に記載され
ていないと、その取引の承認決議に賛成したとされ、その理事は任務を怠った
ものと推定されます。


 このように、議事録に反対意見を記載しないと、役員責任が問題になった
場合、あとで「本当は反対だった」と申し立てをしてもとおりません。上記の例
で言えば、任務懈怠が推定され、自ら任務懈怠がないことを証明しない
限り、損害賠償責任を負ってしまいます。
議事録には、反対意見を確実に記載するようにしてください。




●静岡県、最東端の熱海市・伊東市から最西端の湖西市まで、
50社以上の社団・財団様のお手伝いをさせていただいております。
法人の運営、会計、税務についてのご質問、ご相談、ご依頼等々は、
こちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

●ケイシーシーのホームページ http://kcc-japan.com/

●ケイシーシーのfacebook https://ja-jp.facebook.com/kcc.japan

●公益法人インフォメーション https://www.koeki-info.go.jp/

この記事を書いたプロ

小林正樹

小林正樹(こばやしまさき)

小林正樹プロのその他のコンテンツ

Share

小林正樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0538-42-9051

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林正樹

税理士法人ケイシーシー

担当小林正樹(こばやしまさき)

地図・アクセス

小林正樹プロのその他のコンテンツ