まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
赤塚直記

親身な経営相談で問題解決に導くプロ(税理士)

赤塚直記(あかつかなおき)

税理士法人BETT あかつか事務所

お電話での
お問い合わせ
053-424-6001

コラム

セブンイレブンのエリア戦略

経営

2018年2月12日 / 2018年8月10日更新

さて、コンビニの話です。

今日はセブンイレブンのエリア戦略に
ついてです。


・・・ここで唐突ですが問題です。
コンビニ業界で、初めて全国制覇したのは
どちらでしょうか?

①セブンイレブン
②ローソン

答えは・・・
コンビニ業界で初めて全国制覇をしたのは
『ローソン』です。ご存知でした?

ローソンは1997年に既に全国制覇を達成しています。

しかし、その当時も今も、
ローソンに比べて、セブンイレブンは
1.5倍の店舗数があります。
なぜでしょう?

そのカギとなっているのが、
セブンイレブンの『エリア戦略』です。


・・・数年前までずっと私の家の近くには
『サンクス』がありました。

そしてそのサンクスと
道を挟んで反対側にあるとき
セブンイレブンが進出してきました。


・・・そこから、一年もしないうちに、
サンクスは撤退。

セブンイレブンが私の地域を独占しています。


◆セブンイレブンの戦略◆

セブンイレブンは徹底的にエリア戦略です。
絞ったエリアで一番のシェアを獲得してから
次のエリアに進出していきます。

セブンイレブンがシェアを取ったエリアは
他のコンビニが入り込む余地がありません。

先週のメルマガで書いた、
陶山訥庵(すやまとつあん)が対馬で
イノシシ退治に使った戦略と同じです。

エリアを小さく区切り、敵を全滅させてから次に移る。
こうしてセブンイレブンは全国で一番を維持しています。



◆少し進むとまたセブン!?
さらに、こんな経験ありませんか?

車で走っていると、
さっきセブンイレブンがあったのに
えっ?またすぐにセブンイレブンがある・・・。

これにも実はエリア戦略が大きく関わっています。

というのも、ライバル店舗に対しても
もちろん効果はありますが、
実はセブンイレブンにとってメリットが大きいんです。

・・・この話はまた次回。


先週からのこの話は、
『ランチェスター戦略』
から来ています。

もう使い古されたような戦略にみえますが、
私にとって宝箱です!

気になった方はいつでも
質問してくださいね!

この記事を書いたプロ

赤塚直記

赤塚直記(あかつかなおき)

赤塚直記プロのその他のコンテンツ

Share

赤塚直記プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
053-424-6001

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

赤塚直記

税理士法人BETT あかつか事務所

担当赤塚直記(あかつかなおき)

地図・アクセス

赤塚直記プロのその他のコンテンツ