まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
知念正彦

低価格でワンランク上を実現するお墓づくりのプロ

知念正彦(ちねんまさひこ)

天久石材店

コラム

御影石でお墓を建て替え。御影石の種類・特徴と選び方

お墓の建て替え基礎知識

2015年12月7日 / 2015年12月12日更新


お墓の建て替えによく利用される御影石。日本では、兵庫県神戸市東灘区の御影町から産出する花崗岩(かこうがん)が有名で、その町の名前から御影石と呼ばれるようになりました。
さて、そんな背景をもった御影石。墓石として選ぶ際には、硬度が高く、キメが細かく、吸水性が低いものを選ぶのがポイントです。

世界各国で産出される御影石

御影石は、石英、長石が主成分で10%ほどの雲母が含まれています。
このような石は地球上に数多く存在し、世界各国で産出されています。現在は建築用資材として、床や敷石、タイルなど幅広く利用されています。そしてその大半は、国外から輸入されています。

日本国内で御影石を調達すれば、人件費や加工費といったコストがかかるため、最近では墓石に使用される石材の多くは輸入品です。

近年、中国における墓石用石材加工が増えており、種類や量もとても豊富で、しかも価格もリーズナブルなので、日本の墓石の制作拠点の約8割が中国と言われています。

天久石材店では、加工も含めて石材を中国から輸入しています。

お墓の建て替えで選ばれる御影石とは

お墓の建て替えを行う場合、墓石に適した御影石を選ぶ際は、下記のことを参考にしてください。
【1】何代にもわたり受け継いでいくためには、耐久性が必要です。硬度が高い石を選びましょう。
【2】水を吸い込んで劣化することを防ぐために、吸水率が低い石を選びましょう。
【3】風化に耐えるキメの細かい石目を選びましょう。

●よく読まれる関連コラム
ボロボロに劣化した古いお墓。建て替えるときの石材選び

次の項で、私どもで扱っている石材についてご紹介しましょう。

中国産御影石の種類や特徴

中国産の石の多くは、地名から名づけられています。そして名称の多くは、アルファベットと数字の組み合わせで表されており、●●省で○番目に作られた石といったことを意味しています。

弊社では、G623、G635、G654、G664を主に取り扱っています。

G623は、墓石として非常に多く使用されている白御影石のことです。中国 福建省が産地で色はグレー(ライトグレー)です。

G635は桜御影石のことで、桜という名前のようにやわらかいピンク系の色合いが人気です。中国 福建省が産地。建築や造園の分野でも多数用いられています。

G654は、青御影石のことを言います。濃いグレー系の色みで高級感が感じられること、価格が安価であることから需要が高い石材のひとつです。産地は中国 福建省。

G664は紫色を帯びた御影石で、「チャイナ・バイオレット」として流通しています。青手、赤手と呼ばれる色調があり、墓石のほかにも建築用材としも広く使用されています。

石材選びについても色々とご相談ください。

天久石材店のお墓づくり

お墓の施工事例
お墓のタイプと価格
無料見積やお問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

知念正彦

知念正彦(ちねんまさひこ)

知念正彦プロのその他のコンテンツ

Share

知念正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-759-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知念正彦

天久石材店

担当知念正彦(ちねんまさひこ)

地図・アクセス

知念正彦プロのその他のコンテンツ