マイベストプロ岡山
大中英嗣

趣味をいかした資格取得、育成のプロ

大中英嗣(おおなかひでじ)

せとうち花倶楽部

コラム

新春特別講座2020~押し花講習会

2020年1月17日

テーマ:押し花岡山県事務局

コラムカテゴリ:くらし

≪ 資格取得特別講座 とは… ≫

せとうち花倶楽部では、趣味を生かして資格を取得し、より多くの方々に手作りの楽しさを伝えて下さる方々を応援しております。
本部が推薦する指導者を育成する講師に、直接事務局にてご指導頂ける、岡山県事務局ならではの特別講座です。
資格取得後には、資格取得者のみがご受講頂ける技術アップ講座も随時開催しております。
また、体験会などのイベントにも参加。お気軽にお問い合わせ下さい。

≪  押花デザインセミナー  ≫

今日は、毎年恒例、熊本県より『筒井雅代先生』をお招きして、新春押し花特別講習会をせとうち花倶楽部にて開催致しました。
新年の始まりの講座は、毎年筒井先生にお越し頂いて押し花の講座がスタートします。先代の頃からになるので、もう30年近く続いていることになりますね…。
毎回皆様が和気あいあいと楽しんで受講されている様子を見せて頂き、まるで同窓会でもひらかれているような雰囲気で、お互いの健康を気遣ったり、緊急を報告し合う姿を見ると、物作りを通して、続けていく事の大切さを感じさせて頂きます。

ご参加頂きました皆様方ありがとうございました。

押し花作品見本 セピア色
(※画像は、筒井先生の作品見本です)

年齢がいくにつれて必要な事は、「教育」と「教養」だそうです。
「教育」とは、「共育」。「共に育む」そして「今日、行く ところを作る事!」。
「教養」と「共養」。そして「今日、用事を作る事!」それが若さの秘訣…と、とても為になる楽しいお話をして頂きました。

osibana
(※画像は、筒井先生の作品見本です)


【 セミナーポイント 】
保管袋の中で変色してしまった”花や葉”にスポットをあてて、再び美しくするリメイク方法をお伝えして頂くセミナーです。花材の少ないこの季節だからこそのセミナーとなっております。

押し花作品

●セピア色に変色した花・葉の活用方法
●セピア色の花を美しく魅せる台紙選びのコツと、箔シート金銀・ファッションペインターを使って煌びやかさを演出
●自由作画の台紙選びや花の組み立てなど

≪  押し花とは… ≫

みなさまの押し花に対するイメージは、どのようなものですか?昔からある、新聞紙や電話帳にはさんで作る押し花を思い描いている方もいると思います。しかし近年の押し花技術は、目をみはるほど素晴らしい進歩を遂げています。乾燥技術や保存技術はもちろん、押し花を作るための道具についても格段に進歩しています。化学の力を応用し、簡単に押し花ができるようになり、さらに押し花の持つ美しさをそのままに、押し花の楽しさを追求できるようになりました。いまや押し花は、絵画の域にも達しているばかりでなく、さまざまな表現方法が可能になってきているのです。

osibana

せとうち花倶楽部では、日本で一番大きい押し花愛好家組織のふしぎな花倶楽部の教材を使用、独自の乾燥マットを用する事で、『空気』『湿気』『紫外線』に対処、姿形だけでなく、色も永く楽しむことができるようになりました。『お花を育てる』『お花を採集する』『押し花を作る』『押し花を集める』『押し花の絵を作る』自分の好きな時に好きなだけ楽しむことができるのも特徴です。技術の発達で、お花だけではなく、『やさい』『くだもの』も押し花にできるようになってます。押し花の手作りは、『アクセサリー』『インテリア額』『小物の飾りつけ』などでも楽しむことが出来ます。特に、誕生花や記念のお花をモチーフに・・・贈りものとしてもいいですよね。乾燥技術や保存技術の進歩により、手軽に美しい押し花ができ、その美しさは長く楽しんでいただけます。

お問合せは…
せとうち花倶楽部(TEL:086-242-6116)まで!

この記事を書いたプロ

大中英嗣

趣味をいかした資格取得、育成のプロ

大中英嗣(せとうち花倶楽部)

Share

関連するコラム