まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
大中英嗣

趣味をいかした資格取得、育成のプロ

大中英嗣(おおなかひでじ)

せとうち花倶楽部

大中英嗣プロのご紹介

「手芸の楽しさを多くの人に伝えたい」事業を継承し、各種手芸の普及に努める(1/3)

大中英嗣 おおなかひでじ

資格取得指導者の育成、教室紹介、イベント開催を企画

 最新の手芸を岡山で紹介し、多くの資格取得の指導者、愛好者を増やしている「せとうち花倶楽部」。代表の大中英嗣さんは、「手芸の楽しさ、ものづくりの楽しさをもっと多くの人に伝えたい」と、資格取得指導者の育成や愛好者への教室紹介、イベントの企画など日々精力的に手芸の普及活動に努めています。

 やさしい笑顔と親しみやすい語り口が印象的な大中さん。2002年にお母様が突然他界され、急きょ事業を引継ぎ「せとうち花倶楽部」を運営されています。お母さまは地元の倉敷市児島を中心に広く編み物の普及に努めた方で、“ニットの貴公子”広瀬光治さんら6名からなる「21世紀ハンドクラフトセンター」のメンバーの一人。文部科学省認定の書籍「伝統のニット」の出版に携わるなど全国的にも知られた存在でした。

 「せとうち花倶楽部」に所属する講師は年々増加。全体を取りまとめ、サポートするのは並大抵のことではありません。「いずれ家業を継ぐつもりでしたが、手芸のことはまったくわからないところからのスタート。講師の先生方に助けられながら、無我夢中でやってきました」と大中さんは当時を振り返ります。また、奥さまの美佳さんのお母さまも大阪で編み物文化教室を主宰しており、大中さんのお母さまと同じ「21世紀ハンドクラフトセンター」のメンバーで、現在も各種手芸の指導者として活躍されています。

大中英嗣プロのその他のコンテンツ

Share

大中英嗣のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

大中英嗣プロのその他のコンテンツ