まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
川﨑政宏

夫婦、親子をめぐるトラブル解決のプロ

川﨑政宏(かわさきまさひろ)

ももたろう第2法律事務所

川﨑政宏プロのコラム一覧:家事調停

家事調停

2018-06-26

調停の待合室から~クールビズと服装日中は30度になる暑い日が続くようになりました。裁判所も5月からクールビズが始まっています。9月末までです。5月、6月と県の職員研修会に出向く機会がありましたが、官公庁のクールビズは徹底されているようですが、裁判所も毎年少しずつ浸...

家事調停

2018-06-01

調停の待合室から~付添い初めての調停はとても不安に感じる方が少なくありません。ふだん裁判所に出向くことなど、まずないからです。調停は家庭裁判所で行われますから、一人で裁判所に出向くのが不安な方から「家族に付き添ってもらってもいいですか?」「一人でうまく話せないので...

家事調停

2018-05-29

調停の待合室から~電話調停調停を申し立てるときに悩ましいのが、申立先の家庭裁判所の管轄です。相手方の住所地を管轄する家庭裁判所への申立てとなるので、相手方が遠方の場合(別居して実家に帰って離婚調停を申し立てる場合や、婚出して遠方で暮らしている相続人が遺産分割調停を申し...

家事調停

2018-05-28

調停の待合室から~消極的譲歩と積極的譲歩(一枚の写真から)調停は、当事者による自主的な紛争解決ですが、「納得」に至る過程は複雑です。互いに譲り合って解決できればよいのですが、感情的に対立している当事者間で、相手に譲歩するということは、相手を利することであり、相手を喜ば...

家事調停

2018-05-17

調停の待合室から~自主的解決調停はあくまで話し合いによる解決なので、裁判官が判断を示す訴訟や審判とは異なります。調停は「まどろっこくしてなかなか決まらない」という声もよく聞きます。答えをすぐ出してもらうことを家庭裁判所に期待していると、なかなか進まない調停に対して...

家事調停

2018-05-14

調停の待合室から~動線分離調停の待合室は、申立人待合室と相手方待合室の二つに分かれています。待合室の場所は、誰にでもわかるように表示されています。これは時に危険を招くことがあります。攻撃的な相手方や執着心の強い相手方の場合、駐車場やトイレで鉢合わせしたり、受付で待ち伏...

家事調停

2018-05-11

調停の待合室から~時間をかけることの意味家事調停を一言で説明するとき、「家庭裁判所で場所をかりた顔をあわさない話し合い」、「調停委員が間に入り、交互に30分ずつ話を聴いて、話し合いの仲立ちをしてもらう」と伝えています。毎月1回のペースで、平日2時間程度時間をとられます...

家事調停

2018-05-08

調停の待合室から~プライバシー3か月ぶりに県外の家庭裁判所に出向く機会がありました。岡山と違って、12時から13時は家事受付は閉まっています。これも地域性です。13時を待って受付をすませると、前回と異なり、4番という番号シールを貼った紙を受け取りました。前回までは...

川﨑政宏プロのその他のコンテンツ

Share

川﨑政宏プロのその他のコンテンツ