マイベストプロ新潟

コラム

死亡保険の給付から学ぶ、生きる目的。

2022年11月23日 公開 / 2022年11月24日更新

コラムカテゴリ:お金・保険

皆様、お久しぶりです。
お過ごしでしょうか?

今回は、少しセンチになっております。

このところ、急に保険の請求連絡が多くなり、残念な気持ちで過ごしております。

つい先日までお元気だった方が、いきなり死亡保険の請求連絡対象となって、ご家族様から連絡を頂きました。

あの時が、最後の面談日だったのかと思うと、信じられない気持ちになります。



「死ぬっ」てどういうことなのでしょうか?



私は、死んだことが無いので、よく分からないですが、目の前から色が無くなり、手や口の感触も無くなり、何も伝えられなくなるのだと思います。

。。。。。。。

当たり前の日常。


幸せだったのだろうと反省いたします。


。。。。。。。

にこやかな故人の遺影に話しかけても、返事もありません。
遺体は、あれよあれよと闇の中に送られて行きます。



一方、誕生してくる新しい生命は。活気に満ちております。

「命」って何なのだろう?

成長する毎に欲望は膨らみ続け、反省する気持ちも薄れて行きます。


「どれだけ財産残してくれたかな。」
「たったこれだけ。。。。」


感謝ではなく、不満が出てきます。

お金のトラブルは闇が深いです。

介護の問題も、葬儀の心配も経験しないと理解できません。
教育資金もマイホームもライフプランの準備をしていかないといけません。

自分は、どんな人生を過ごしたいのか。
そんな現実と向かい合い、真剣に考えて準備をすることが必要でしょう。

物事には、「目的」が必要です。
そして、強い意志。

。。。もう10年前に死亡した、私の母と交流のあった方が連絡くださいました。
「今でも命日になると、特別にお好きだった冷たいお水をお供えしているのです。」
「当時のことを今でも思い出す。皆様方と一緒にテーブルを囲んで、盛りだくさんの料理と
複数の人々が集い、楽しく過ごしていたこと思い出す。みんな一緒の心だったと思う。
 お母さまは、心のある人だったものね。」

ありがとうございます。
こんなに長い間、慕い続けていただき。。。。感謝申し上げます。

瞳を輝かせて語ってくれた。

もう、78歳になられました。

室内はキレイに型好き、自分の病気のことも語ってくださいました。

きっと、私よりは先に、人生の後始末をされると思われますが、
ありのままを受け止めておられる様子でした。

人が死ぬと、他に生きて行く人のことを考える機会になります。


。。。素敵な人生をお過ごしください。






※ライフプランのご相談は下記へご連絡ください。※

※お電話かメールをくださいね。
http://www.marusa-i.com/fp/
http://www.marusa-i.com/index.html

********************
※お客様の豊かな未来づくりのパートナー※
マルサFP保険事務所  025(247)2232
http://www.marusa-i.com/fp/
financial planner
佐藤 美和子
********************

この記事を書いたプロ

佐藤美和子

豊かな人生をサポートするお金のプロ

佐藤美和子(マルサFP保険事務所)

Share

佐藤美和子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
025-247-2232

 

外出時は、留守電にて受け付けます。
氏名、住所、電話番号をお聞かせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤美和子

マルサFP保険事務所

担当佐藤美和子(さとうみわこ)

地図・アクセス

佐藤美和子のソーシャルメディア

facebook
Facebook