まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

人見てほめよ

2011年10月25日

 本日は、ビジネス実務法務講座の講師としてお話をさせていただきます。


 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。


 「人見て法を説け」という言葉がありますが、人をほめる時もこのことはいえると思います。
 私は、どんなほめ言葉も、。手放しに「うれしい」と思えます。しかし、不用意にほめると、人によっては不快感をあらわにする方もいらっしゃいます、特にコントロール欲求の強い人をほめる時は要注意です。
 例えば「○○さん、今日のネクタイ決まってますね~」と不用意にほめると、多くの場合、相手は怪訝な表情をします。コントロール欲求の強い人の特徴は、「コントロールするのは好きだけど、コントロールされるのは大嫌い」です。ですから、不用意にほめられると「こいつ、何で突然俺をほめるんだ。何か下心があるんじゃないか。俺をコントロールしようとシテいるのかも」と警戒感を持ってしまいやすいのです。
 コントロール欲求の強い人をほめるポイントは、その人を直接ほめないで、その人が関わっている事柄や、人をほめることです。具体的には、「今回の○○さんの手がけられたプロジェクトは大成功でしたね。何が勝因ですか?」「先日お宅のお嬢さんと道でばったりお会いしたら、丁寧にあいさつして下さって、小さいのに素晴らしいですわね~」というふうにほめるのです。
 コントロール欲求の強い人が、一番うれしいのは自分のコントロール能力を認められることです。こういうほめ方をすると、コントロールされるのではないかという警戒心を、上手にくぐり抜け、かつ相手に喜びを与えることができます。


この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ