マイベストプロ京都

コラム

委任契約書は1部は控えです

2022年1月19日

コラムカテゴリ:法律関連

 委任契約書の作成は弁護士にとって基本的な義務であり、職務基本規程で作成義務が定められており、作成しないと懲戒にかけられる場合がある。
 私は作成が義務化されるかなり以前から、委任契約書を作成していたのだが、割り印を忘れられる方がおられる。
 契約書を差し替えられないように割り印をしているのであるが。まあそんなことはしないのだが。

 また、委任契約書を2部とも返送される方がおられる。
 どういう契約をしたかの記録なので、1部は手元に置いていただく必要がある。
 連絡文書には、1部はお手元控えとしてください、と書いてあるのだが。
 送り返す手間が増えるので、ここで注意喚起する次第である。

この記事を書いたプロ

中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(中隆志法律事務所)

Share