まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
江川伸二

教育相談のプロ

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

コラム

塾講師歴20年のプロが語る、中3受験生をお持ちの保護者の方へ 高校入試本番直前ポイント その2「知っておきたい、入試直前期間の勉強法」

2012年2月1日

前回、「健康管理を第1に」というお話をして、そのためには、「短時間で」「集中して」「効率的に」勉強することが必要になるという事を申し上げました。
本日は、「短時間で」「集中して」「効率的に」勉強するための具体的な方法をお話したいと思います。
受験が迫ってくるほど、お子様の不安は増大します。最も陥りやすいのが、次々に新しい問題集や予想問題集などに手を出すという事です。
しかし、受験直前のこの時期は、極力、新しい問題集には手をつけないほうが得策だと思います。
何故、「新しい問題集に手をつけない方がよいか」というと、以下の2点です。
・十分理解できている問題についてもくり返す事になり、時間が無駄になり非効率である。
・分からない問題が出てくると、少数であっても不安と焦りがつのる。
つまり、非効率かつ不安が増大するという事です。
この時期、分からない問題を見て、不安や焦りを覚えると、受験本番での得点力の伸びは期待できません。それより、自分が今まで使ってきたテキストなどで、弱点箇所ややり残した箇所を補強するほうが、知識が整理されて、得点力が上がります。
中1から今まで、お子様は相当量の勉強をしてこられたのです。自分がやってきた事に自信を持たせてあげて頂きたいと思います。

もし、お子様が「何を勉強したら良いか分からない」とおっしゃったら、下記のようにアドバイスをしてあげればいかがでしょう。
①自分が使ってきたお気に入りのテキストや問題集で、弱点箇所を復習する。
②志望校の過去問題を繰り返し解いてみる。間違えた所は解説をしっかり読んで理解した上で、やり直しておく。間違えた問題については、単元を集計し、間違いの多い箇所に集中して基本問題を中心に復習する。
③大切な事は、手を動かして、解いてみる事。暗記ものは、声を出して覚えるのも良い。問題や解答を目で追うだけではなく、出来るだけ五感を使って覚える。

受験直前のこの時期だからこそ、より効率的に勉強に取組んで頂きたいと思います。
次回は、第3回「知って得する、入試本番で気をつけたい事」
をお伝えする予定です。

この記事を書いたプロ

江川伸二

江川伸二(えがわしんじ)

江川伸二プロのその他のコンテンツ

Share

江川伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二

株式会社京進

担当江川伸二(えがわしんじ)

地図・アクセス

江川伸二プロのその他のコンテンツ