まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山本豊

京に似合う建築を提案するプロ

山本豊(やまもとゆたか)

ARCO建築設計事務所

コラム

狭小変形の家をツーバイフォーで建てる

2016年6月9日

土地の形が三角形になっているH様邸。
建物も三角形の設計になりました。
図面構造的に柱・梁の接合部分は従来の建物と違い、イレギュラーな接続にしなければいけません。
建て方として、在来工法とツーバイフォー工法とで検討し、最終的にツーバイフォーに決めました。

在来工法(木造軸組工法)は柱と梁で支える、ジャングルジムのような構造となります。
ツーバイフォー工法(2×4工法、枠組壁工法)は、床・壁・天井…と「面」で組み立てていきます。

今回ツーバイフォーを選択したのは、以下の理由からです。
1. 木部との接合部分の金物の取り付けが、在来よりもとめやすい。
2. 隣地との空きが狭く外壁を内側から施工できないため、ツーバイフォーのほうが施工しやすい。
3. 構造木材のコストが抑えられる。

ただいま業務申請中ですが、着工の際には皆様にご覧いただけるよう、構造見学会を予定しております。

この記事を書いたプロ

山本豊

山本豊(やまもとゆたか)

山本豊プロのその他のコンテンツ

Share

山本豊のソーシャルメディア

facebook
Facebook

山本豊プロのその他のコンテンツ