まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
関太郎

相続地の価値を活かし隣と円満に境界線を決める土地家屋調査士

関太郎(せきたろう)

土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所

コラム

社内研修【仮測量(現況測量)】

社内研修

2018年3月8日 / 2018年8月26日更新

仮測量研修会
今週は雨が多いので、思ったように現場をこなすことが出来ません。
雨の時は、社内研修! というのがパターンです。
しかし、今日が雨ということに気付いたのが昨夜だったので
あわてて本日の研修資料を作成しています。

今日は以前からやりたかった、仮測量(現況測量)に関する研修を開催する予定です。
事業主様や仲介業者様からのご依頼が多いのですが、
売買契約直前の仮測量の場合、とにかくスピードが要求されます。
必要最低限の情報をスピード感をもって仕上げなければいけません。

しかし、経験の浅い測量スタッフだと、その判断ができずに
時間をかけて細かく観測しがちになってしまいます。
本日の研修では、何が必要で何が不必要なのか?
そしてその理由について研修会で説明する予定です。

こんな感じです
~事業主が仮測量で知りたいこと~
     ①土地の造成費
       道路、隣地との高低差について
       宅地内高低差について
       防護壁、鋼管杭の要否判断 
      ②給排水管設備引込費用
       最終桝・排水経路
       水道管の経路
     ③建築費用
       前面道路幅(車進入不可物件など)
     ④測量費用
       隣地立会
       官民査定の要否
     ⑤有効宅地の面積(土地の価格の算定)
       暫定セットバックライン
     ⑥越境の有無
       境界線付近の構造物
       電線などの上空通過
       給排水管などの経路

この記事を書いたプロ

関太郎

関太郎(せきたろう)

関太郎プロのその他のコンテンツ

Share

関太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-264-8225

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関太郎

土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所

担当関太郎(せきたろう)

地図・アクセス

関太郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

関太郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

関太郎プロのその他のコンテンツ