マイベストプロ神奈川
一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(いちずきくにひろ) / 補聴器技能者

補聴器プラザ小田原

コラム

補聴器はどこで買うか・・熟慮が必要です!

2020年9月9日

テーマ:補聴器の選び方

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 補聴器選び方難聴症状難聴治療

松本TV高度難聴

本日当店に相談に来られた方の聴力図です。

赤い線で示された右耳の聴力は「高度難聴」レベルであり、
それなりに高出力の補聴器でないとカバーできない聴力です。

この方は1年前に「電気店」で両耳に補聴器を購入しました。
その価格、なんと60万円!!

いや役に立っていれば60万円でも問題ないんです。
補聴器は高機能化してきていますから、その程度の価格のものは珍しくありません。

問題は、役に立っていなかったということ。

60万円も出したのに、この方はもっと以前に購入した古い補聴器をつけていました。

「せっかく買ったのに購入当初から何にも役に立っていない」

「購入後に何度も調整してもらったが全く改善しない」

このような訴えで、当店に相談に来られました。

結論から申しますと、購入した補聴器はパワー不足でした。
高度難聴であるにも関わらず、軽度~中等度難聴向けの補聴器だったので、
どれだけ頑張って調整しても、そもそも出力不足。

原付スクーターで荒れ地の急な傾斜を登りますか?
そのような用途には、それなりの車種を選びますよね。

最初の選択が間違っているのですが、この方の責任ではありません。
販売した側があまりに低レベルだったことに起因します。

さらには、この方の補聴器の耳栓はいわゆる汎用のラバー耳栓。
誰でも使える、イヤホンなどで使われる耳栓でした。

高度難聴では高出力が要求されるので、耳栓は特注のイヤモールドを作成しないと、
音声がしっかり伝わりません。

イヤモールド

このような、各個人の耳型に合わせたものを使う必要があります。
それすらも説明がなかった様子。

「補聴器は高いのに役に立たない」
このように噂されることがよくあります。

このような稚拙な販売店が、この噂の元凶であり、
しっかり調整された、適切な補聴器はきっとあなたの役に立ちます。

補聴器購入時は、その入り口を間違えないよう気をつけて!

補聴器の相談は専門家へ!

認定補聴器専門店 補聴器プラザ小田原

この記事を書いたプロ

一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(補聴器プラザ小田原)

Share

関連するコラム

一寸木国博プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0465-42-9570

 

測定中等で応答できないことがあります。
営業時間内の電話については番号通知されていれば、必ずかけなおします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一寸木国博

補聴器プラザ小田原

担当一寸木国博(いちずきくにひろ)

地図・アクセス

一寸木国博のソーシャルメディア

rss
補聴器プラザ小田原 アメーバブログ
2020-08-25
facebook
Facebook

一寸木国博プロのコンテンツ