マイベストプロ鹿児島
酒匂信次

一人ひとりの「将来」と誠実に向き合う保険のプロ

酒匂信次(さこうしんじ) / ファイナンシャルプランナー

有限会社酒匂保険事務所

コラム

コラムクイズ 2021-54

2021年2月23日 公開 / 2021年2月26日更新

テーマ:つなぎ更新

コラムカテゴリ:くらし

こんにちは。

天皇誕生日ですね。天皇陛下お誕生日おめでとうございます。

朝から某所のマックで仕事していました。



ここはまだ人が少ない方ですね。
モバイルオーダーのクーポンを使って、アイスコーヒーとハッシュドポテトで合計190円で1時間半も粘っています(;^_^A

さて…自分目標で「月100キロは走る」と決めているのですが、今日2月23日でまだ54キロしか走っていないんです。

これはやばい。早く走りに行かないといけなのに、もう10時半。しかも今日の分のコラムを更新していない。
これは手っ取り早く更新できるネタは…

「ピンポーン!」(昭和表現)


閃きました。

昨日のコラムをネタにクイズをしましょう。

では早速…

「昨日のコラムの全文の中から、プロレスに関連する語句を

三つ見つけて下さい。」



ヒント
①現USヘビー級王者
②現IWGPヘビー級タグ王者
③夫婦ともバラエティで売れっ子

答えは明日!
では走ってきます。
すみませんでした。
以下、昨日のコラム全文です。

>いや〜
旧スマホの液晶が

デスライダー

になってしまって、いろいろ困ったことが多かったですね。

機種変更から初めての朝を迎えて早速困ったのは、旧機種が液晶破損のまま「生きている」状態になっているので、バッテリーが落ちるまで自然放置しないといけないこと。
今朝も洗面所にいるときに大音量で旧機種の目覚ましアラームが鳴り出して、慌てて止めにいきました。
また、こんな時に限って5分おきくらいに数回目覚ましをセットしていたらしく、

「ゲリラズオブデスティニー」

的に反乱者のように何度もアラームが鳴り出すのです。
今日一日は旧機種も監視下に置いておきました。

やはり、通常の「欲しい機種があって、満を持しての機種変更」と違って、今回のような急な変更はいろいろデメリットや「ああ!これさえしておけば随分楽だったのに!」ということもありました。

そこで、今日は
「スマホが壊れる前に済ませておくべき3つのこと」
というお題目で書いてみたいと思います。
まずは全体的なことです

1.スマホのキャリア会社の窓口で契約内容を確認しておこう

私の場合誤算だったのは「電話帳お預かりサービス」がオフになっていたことと(オンのつもりでいました)、使っていない有料アプリ(キャリア会社の…Dのつくところですね)が月900円引き落としになっていたことです。
携帯の場合、金融商品や保険会社みたいに「運用状況のお知らせ」と「ご契約内容のお知らせ」とかが定期的に来るわけではないですからね。
iPhoneだとこのあたりの問題はアイクラウドでするから問題ないのかなと。

2.おサイフケータイの残高は控えめに
楽天エディのオートチャージ設定をしていて、旧機種に○○○円残高あったのに、旧機種そのものを操作できないので、残高パーになりました(-_-
通常の機種変更なら移行の方法があるのでしょうが(以前、通常の機種変更した時はエディを空にして手続きに行きました)、今回のように突然来るとどうしようもないですね…
「使う分をその都度チャージ」の方がよさそうですね。

3.LINEのトーク履歴を自動バックアップ設定にしておこう
これも、通常の機種変更なら引き継げる内容ですが、今回の場合は旧機種の操作ができないので、パーでした。
まあ、iPadのLINEアプリにはそれまでのトークが残っているので問題ないのですが。
以前機種変更した2019年12月末時点のトーク履歴バックアップがあったので、それをダウンロードしてみたら、その当時のトークが再現されて、時計の針が一気に一昨年末に戻りました(;^_^A

この手続き詳細はこちら(↓)
https://guide.line.me/ja/signup-and-migration/talk-backup.html






今回の教訓は、「スマホは液晶壊れたら終わり」ということですね。
タダの電池を食う重い箱ですね。
しかも、バッテリーが切れるまでは、朝に大音量アラームの反乱を起こす(;^_^A

慎重に扱おうと反省しました。

液晶保護をしっかりやろう!と思って一番よさげな保護フィルムを買いましたが…
貼る手順を間違えて1枚無駄にしてしまいました(-_-;)

まあ不用意に山道でスマホ落とした自分が悪かったんです。

正直スマンかった!

ということで。

終わります。
(以上)

この記事を書いたプロ

酒匂信次

一人ひとりの「将来」と誠実に向き合う保険のプロ

酒匂信次(有限会社酒匂保険事務所)

Share

関連するコラム