まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
川田哲

顧客の思いを尊重して大切な家を延命する塗装のプロ

川田哲(かわださとし)

有限会社川田建装

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

コラム

香川県内で雨漏りによるシロアリ被害

香川県で雨漏りの二次被害対策

2015年7月3日 / 2015年11月18日更新

シロアリの原因について

3億年前から地球上に生息してきたといわれるシロアリは、一般的に土壌性シロアリと乾材シロアリに分けられます。

通常、土の中に生息している土壌性シロアリには加害習性があり、主に土と木材が接している場所から家屋に浸入します。
一方、乾材シロアリは、輸入家具などの中に生息し、家屋に浸入します。

シロアリはどこにでも巣を作ってしまい、いったん巣を張ると、千数個の卵を生み続け大量発生します。

土壌性シロアリの一種であるヤマトシロアリは、北海道の一部以外は、日本全国に生息します。
5月頃からヤマトシロアリの雄と雌は巣から飛び立ち、雌がフェロモンを分泌してつがいになります。
つがいになったヤマトシロアリは地中に潜り、土中で卵を産み増えます。
ヤマトシロアリは土中からありとあらゆる場所にトンネル(蟻道)を作り、家屋に侵入します。

発生しやすい場所、見つけやすい場所について

ヤマトシロアリをはじめとするシロアリは室内の温度が20℃以上、湿度が75%以上あり、光が当たらず、風通しが悪い場所を好みます。
そのため、ヤマトシロアリは、湿気のある床下や風呂場、洗面所などに住みつき、見つけやすいです。

例えば、室内を歩くと畳や床のある部分でフワフワ、ギシギシする。
玄関、風呂場、トイレ、勝手口の建て付けが悪くなった。
家の中でハネアリを見かけたり、白砂粒状の糞が木材の近くに落ちていた。
家具や家電、荷物を移動させたら蟻道や蟻土があった。

このようなことがあったら、シロアリの発生を疑ってください。
床下がコンクリートのベタ基礎の場合、シロアリが家屋に侵入しないと考える人も多いと思います。
しかし、シロアリはコンクリートのわずかな劣化や隙間から穴を開けて、家屋に侵入します。

三次被害の可能性と雨漏り対策の必要性について

雨漏りで、マンションや住宅の木材が濡れてしまったり、室内の湿度が上昇すると二次被害としてシロアリが発生します。
さらに、シロアリによって深刻な三次被害が発生します。

シロアリは木材の幹に含有するセルロースが大好物で、木材を食い尽くし、柱などの木材を破壊します。
シロアリの食害によって、家屋が倒壊する危機にさらされることもあります。
シロアリは木材ばかりか、発泡系断熱材、電線、ビニールなども食い荒らします。

電線を食い荒らす理由は、電線内の漏電防止用の和紙が大好物だそうです。
このような三次被害を防ぐためにも雨漏りの対策が必要です。

有限会社川田建装HP興味のある方はクリック

この記事を書いたプロ

川田哲

川田哲(かわださとし)

川田哲プロのその他のコンテンツ

Share

川田哲プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-844-2998

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川田哲

有限会社川田建装

担当川田哲(かわださとし)

地図・アクセス

川田哲プロのその他のコンテンツ