まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
上總隼

遺言書、離婚協議書など「民亊法務」のプロ

上總隼(かずさたかし)

ハヤブサ法務事務所

お電話での
お問い合わせ
090-9323-6469

コラム

相続財産はしっかり調べよう ~教えて!相続のキホン⑧ @岩手 盛岡~

相続

2015年9月7日 / 2015年11月12日更新

○「熟慮期間」について知ろう


相続放棄や限定承認手続をしないまま、自分が相続人となったことを知ってから3か月を経過すると相続を承認したことになるのが原則です。これを熟慮期間と言います。特別な事情が存在する場合を除いては、相続財産を認識したかどうかには関係なく熟慮期間が開始することになります。

特別は事情とは、どのような場合が認められるのでしょうか。それを示す判例を紹介します。
(最高裁判所昭和59年4月27日判決)
被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためで、かつ、被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって、相続人において右のように信ずるについて相当な理由があると認められるときには、熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算すべきものと解するのが相当である。

これによると、次の3つのポイントが示されています。
•被相続人に相続財産が全く存在しないと信じていた。
•被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて、相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情がある。
•相続人において、相続財産が全くないと信じたことについて相当な理由がある。

これを踏まえると、熟慮期間を過ぎて相続放棄をするのが如何にハードルの高いことか分かります。単に葬儀の慌ただしさで後回しにしていた、とか、親族と話し辛かったでは認められません。相続財産の調査は至急行う必要がある場合があります。

○相続手続きで重要なのは事前の調査!


しかし、じつはこの調査がなかなか難しいものです。自分の財産がどこにどれだけあるかリストにしてから亡くなる方はあまりいませんよね。まして負債が隠れていたら…。
財産を処分した(使ったり売ったり)場合、後から相続放棄できないのは先に説明したとおりです。

相続財産及び負債の調査でお悩みのときはご相談ください。

↓↓↓関連するコラムはこちらからご覧ください↓↓↓


「相続」ってなに?  ~教えて!相続のキホン@岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/239/
誰が相続人になるのか ~教えて!相続のキホン② @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/242/
相続分を決めるには? ~教えて!相続のキホン③ @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/248/
相続人・法定相続分Q&A ~教えて!相続のキホン④ @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/256/
相続財産の範囲は? ~教えて!相続のキホン⑤ @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/262/
相続の単純承認・限定承認・相続放棄 ~教えて!相続のキホン⑥ @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/263/
相続放棄の落とし穴に注意! ~教えて!相続のキホン⑦ @岩手~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/265/
遺産分割協議書 ひな形 ~教えて!相続のキホン⑨ @岩手 盛岡~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/273/



☆ ☆ ☆  ハ ヤ ブ サ 法 務 事 務 所  ☆ ☆ ☆
行政書士  上總 隼(かずさ たかし)
岩手県行政書士会(登録番号 第11031716)
TEL・FAX 019-666-2127
携帯電話  090-9323-6469
☆ ☆ ☆ ご相談内容は守秘義務で守られています ☆ ☆ ☆



~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~
※無断転載禁止 
Copyright © 2015 行政書士ハヤブサ法務事務所 All Right Reserved.
~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

この記事を書いたプロ

上總隼

上總隼(かずさたかし)

上總隼プロのその他のコンテンツ

Share

上總隼プロのその他のコンテンツ