まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
伊藤宏樹

東西融合医学で「健康招福」をサポートする漢方のプロ

伊藤宏樹(いとうひろき)

漢方専門 福の樹薬局

お電話での
お問い合わせ
076-227-9341

コラム

脂漏性皮膚炎の治し方//石川県漢方専門福の樹薬局

漢方相談

2017年5月18日

コラムをご覧くださりありがとうございます!

石川県白山市みずほにあります「漢方専門 福の樹薬局」 薬剤師の伊藤です。

脂漏性皮膚炎ってご存知ですか?
皮膚常在菌のマラセチア菌(カビの一種)が皮脂をエサにして繁殖することで皮膚炎を起こす皮膚病です。
・フケ
・痒みや赤み
・酸化した脂のニオイ
・抜け毛
などの症状を引き起こすので清潔感に欠けてしまいます・・・



皮膚科で脂漏性皮膚炎の治療を行うと、
・抗炎症薬・・・(主にステロイド剤が多い)
・抗真菌薬・・・(マラセチア菌を抑える)
のお薬がしばしば処方されます。
これらの塗り薬で治ればメデタシメデタシなのですが・・・簡単には治らないことが多いんですよ。
なぜなんでしょうか?皮膚科では教えてくれない大事なことを今からお伝えしたいと思います。

薬を塗らなくなると再発のなぜ?

薬って治すために塗ったり飲んだりしますよね。でも、治すのは置いといて症状を抑えることしかできないお薬も実はたくさんあるんです。
今回の脂漏性皮膚炎に用いるステロイド剤は、炎症を「抑える薬」です。「でも塗ったら治ったよ」という方も多いと思いますが、これは自分自身の「自然治癒力」が働いて治ったんです。ステロイド剤は炎症を抑えて悪化させないようにはしてくれましたが、治したわけではありません。抗真菌薬もマラセチア菌の増殖を「抑えた」だけで、治すのは自分自身の「自然治癒力」によるものです。

ということは、自然治癒力が低下していたら治るものも治らない? 
その通りです。
例えばですが、自然治癒力が低下していて治りが悪くステロイド剤を使い続けたとしましょう。そうするとステロイド剤の作用である免疫抑制作用が出てきます。これにより、マラセチア菌に防御的に働いていた免疫作用が低下するので菌は繁殖しやすい環境を獲得してしまいます。

当然そうなれば炎症が増加するので範囲が広がったり症状が強く現れるようになり、強い薬が処方されます。この悪循環が続くことで悪化を招くことがあります。

脂漏性皮膚炎の治し方

脂漏性皮膚炎の犯人は「マラセチア菌」の増殖によるものとお伝えしましたが。このマラセチア菌はだれでも皮膚に常在している菌なんですね。ではなぜ繁殖したのか?
ここにはストレスや食事管理、生活リズムの乱れにより皮脂の分泌が増えたことが関係しますが、それ以上に関係するのは「腸内環境の乱れ」によりカビ菌に対する抵抗力が低下したことも重要です。



実は腸の中にもカビの菌は常在しています。通常は日和見菌(良くも悪くもない菌)という状態でひっそりと暮らしています。
しかし、カビの菌が好む栄養がたくさん、しかも継続的に来ると子孫を増やし大勢力になってきます。
大勢力になると自分たちが暮らしやすい環境を作ろうと様々な環境改善をするようになります。
この一つの変化がカビの菌に対する抵抗力の低下です。(その他にも女性ホルモンに似た成分を出してホルモンバランスが崩れることもあります→筋腫や卵巣嚢腫になることも)
「腸は内なる外」ともいわれ、皮膚とは表裏の関係にあります。チクワみたいなものなんです。皮膚が悪いときは腸を疑え!が漢方の鉄則なんですよ。

さて、カビの菌が好む栄養ってなんでしょうか?

ズバリ「糖質(炭水化物)」です。


カビ菌はこれをエサにして増殖します。
小麦・米・砂糖などを含んだ食品って毎日食べない日は無いと思います。
エネルギーとして消化吸収すれば問題ないのですが消化吸収されずに腸まで行きつくと、カビ菌は喜んで食べてくれるんです。
つまり、日頃の糖質過多に根本の原因はあると考えられます。

根本から治したければ、薬を使用するだけでなく日頃の食生活を見直してください。
また、ステロイド剤や抗真菌薬では改善が見えない方は「漢方薬」で腸や皮膚の改善を行い症状の改善スピードをあげて体質改善をすることもできますよ。

脂漏性皮膚炎でお悩みの方、お気軽にご相談ください。(ご予約にご協力ください)
遠方の方はメールやお電話でのご相談もできますよ。(クロネコヤマトの宅急便で配送もできます)

ホームページはコチラをクリック → http://www.fukunoki.net/

この記事を書いたプロ

伊藤宏樹

伊藤宏樹(いとうひろき)

伊藤宏樹プロのその他のコンテンツ

Share

伊藤宏樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-227-9341

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤宏樹

漢方専門 福の樹薬局

担当伊藤宏樹(いとうひろき)

地図・アクセス

伊藤宏樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-03-17

伊藤宏樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-03-17

伊藤宏樹プロのその他のコンテンツ