まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

神戸・西宮の話し方&マナーの個人指導

マナー編

2018年2月16日

[訪問先でのコートのたたみ方]

こんにちは
話し方&マナー講師の永田之子です。

今日も教室ではマナーレッスンを行います。

教室でのレッスンメニューは
話し方&コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談、メンタル強化
などがあります。ご希望に応じてレッスンのご準備をさせていただいております。

ただ私はマナー講師をしておりますので、どのレッスンをご希望されても
「基本的なマナー」を全員の生徒様にお伝えしています。

所作や歩き方、お茶の飲み方などです。

過去にボイストレーニングでいらしていたのに数年後にはマナーの所作を一通りマスターなさった生徒様もいらっしゃいました笑

今日はその中の一つ。「訪問先でのコートのたたみ方」をマスターしましょう。

まず来訪する場合
1.来訪先のビルの玄関前2.マンションの玄関前3.マンション内の訪問先の玄関前
のどこで着脱するかを決めます。
ビジネスマナーでは、訪問先の社長様とエレベーターの中でお会いすることもあるのでコートは「ビルの玄関先」で脱いだほうが良いでしょう。

さてその時のたたみ方です。
皆様は「中表」という言葉をご存知でしょうか?
コートを裏にして「ラベルが見えるようにたたむ」たたみ方です(写真)
これは埃のついたコートの汚れを部屋で広げないための心得です。





玄関先では中表にたたみ手にかけます。
そして片手にバッグや荷物を持ってインターーフォンなどをならします。

なぜ片手で持つのでしょうか?
急にあけられた扉などに当たらないようにするための「危険回避」を考えての心得です。
また見た目もきれいですよね。

ご挨拶をして、お部屋に招かれたならばコートは玄関先に置いて入ります。
仕方なく部屋に持ち込む時にはコートをそのまま軽くたたみ、小さくしてから
バッグの上に置きましょう。

置き場所は、ビジネスマナーでは下座(出入口近く)、一般的な訪問では左下の足元が基本です。

さて今日もプロトコールマナーを少しプラスします。
欧米では全く逆のマナーです。コートを脱いで訪問先の玄関にいると「中に入れてください」という意味があります。
コートは着たまま訪問しましょう。

頭の中が「混乱」してしまいそうですね!プラスしないほうが良かったかもしれません笑



■体験レッスン受付中→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
080-1923-7536(永田) 
(レッスン例)話し方、コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談、メンタル強化(心を強くする考え方)

■個人レッスンのお申し込みはこちら→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share