マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ) / スポーツインストラクター

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

セットアップで体重配分を間違うとミスが出ますよ

2020年8月1日 公開 / 2020年8月7日更新

テーマ:セットアップの重要性

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: ゴルフ上達法

体重配分を間違っていると、捻転が上手くできませんよ

スウィングの分析
捻転不足でスランプだったAさんの場合

セットアップ時の体重の位置は、個人によってまちまちです。
つま先体重が良い人もいれば、かかと寄りの方が良い人もあります。
Aさんの場合、土踏まずのつま先よりがベストなのですが、これがかかとにかかり過ぎて捻転が上手くできていませんでした。
では解説していきましょう。

かかとに体重が載っているせいで、テイクバック時に前傾が起き上がり捻転ではなく上下動になっています。
そのため1では赤い線の所まで来ているはずにシャフトが、まだ地面と平行にしかなっていません(白い枠で囲った手首が伸びていますね?)
2ではコックが浅いままで、軸も青い線のところです。
3ではこれ以上捻じれないのに、もっと上げようとして手で押し上げているのがはっきり分かります(黄色い矢印)
また青い線で囲った左手の甲とフェースの向きが一致していません。
自分では正しくテイクバックしているつもりでも、前傾の角度と捻転の方向がズレてしまい、上手く捻転できていないのです。

4で黄色い矢印で示したように、捻転ではなく手で上に押し上げていますから、5では前傾角に対して下ではなく、黄色い矢印で示した横方向にダウンスウィングが始まってしまいます。
6フェースの向きを4と比べてください。変わってしまっていますよね?
白い枠で囲った手の甲が捻じれているのも分かると思います。
縦だったものが横の動きに変わっているのです。

7では青い線の軸上で動いているため、グリップエンドはボールではなく、黄色い線のように、ボールの後方を指しています。写真では分かりにくいですが、軌道的にはボールの前方(画面手前側)を通ります。
8では赤い線上を指していて欲しいグリップエンドが黄色い矢印に向かって、横方向に振られています。
なので9では右に体重が残ったままインパクトを迎えようとしています。
もしここで8の軌道通りにヘッドが動き、左に体重が移動していたら、空振りをするはずです。
しかし、右に残っているせいで何とか球には当たってくれました。

10を見ると、右かかとの上でスウィングが行われていることがはっきりと分かりますね?
11・12では良く振れていますが、すべて右体重になっています。

Aさんのエラーは、最初に言った通り『かかとに体重がかかり過ぎていた』ことにより、捻転ができず、手で押し上げることから起こっていました。
体重配分を適正になるよう指導をしたところ、まだミスは出ますが球の内容は格段に良くなりました。
スウィングのエラーは、モーション(動き)よりもディレクション(静止状態)の時の方が多いのです。
ショットがおかしい時、体の動きばかりを考えず、まずはセットアップのエラーをチェックしてみてください。
Aさん。また楽しくゴルフができるよう、一緒に頑張りましょう!

この記事を書いたプロ

深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(オーシャンゴルフアカデミー)

Share

関連するコラム

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス