まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

初ラウンドレッスンで初めて100が切れました!

100を切りたい方のために

2018年3月19日 / 2018年9月25日更新

今日は、Oさんの奥さまのことを書く予定でしたが、急きょ変更して本日のラウンドレッスンのことを書きます。
なぜか?といえば、Tさんが初めて100を切ったからです!

Tさんは30代半ば。ゴルフ歴は数年で、レッスンに来られるようになったきっかけは『スライスを直したい。特にドライバーを。』でした。
通われ出して3か月。今日が初めてのラウンドレッスンでした。
結論から先に言いますと、ドライバーのOBは1回もなし!
UTでプッシュアウトした池ポチャが1回だけでした。
スコアは下の通りです。

ご覧いただいているように、アウトはボギー・ボギー・ボギーときて、ダボ・ボギー・トリ・ボギー・ボギーです。
インに入ってからは、ダボ・ボギー・ダボ・ダボ・パー・ダボ・ボギー・ダボ・ボギー。
お分かりのように、100を切るのにパーは要らない(1つ取っていますが(笑))んです。
ボギーが半分、ダボが半分で99なんです。
Tさんのようにパーが取れれば、98で廻れます。

ではどのように廻ったのか?ですが、2月19日のコラム『100を切りたい方のためのコース戦略』で書いた通りです。
つまり、ギリギリギリギリ届く距離なら、無理をせず刻んでアプローチ勝負!
実際、1番ホールはドライバー:220ヤード、7番アイアン:150ヤード、打ち上げのドッグレッグの第3打は、直線で残り127ヤードでしたが8番アイアンで。
グリーンを少し外しましたが、寄せワンでボギーが取れています。
4番はドライバーはいいところに行ったのですが、ライも残距離も良すぎて力んでしまいチョロ。
3打目も上げようとしてしまってバンカーへ。バンカーからは1発で出ましたが、下りの難しいラインをオーバーさせてしまい3パットでトリでした。
でも8番・9番はキチンとボギーを獲れているでしょう?
インも10番こそ3パットでダボですが、思い切り打ち上げの11番(打ち上げを入れると実質400ヤード)ではきれいに3オン2パットで上がれています。
ここも第2打を無理しないで刻み、アプローチで勝負をかけました。
14番のパーは、グリーン左にはずしましてしまい、アプローチも下りのラインを打ち過ぎて4メートルくらいオーバーしました。
しかし、上りのラインをしっかり打ち切ってナイスイン!
会心のパーでした(笑)
17番ではグリーン奥のバンカーに入れてしまいましたが、ここは谷越えなので大きめのクラブで打ってもらい、当たりが良すぎて・・・(笑)
アンジュレーションのきついグリーンにてこずり、2オン3パット。
18番は220ヤードで池に入るのですが、かなり強いアゲンストだったためドライバーでティーショット。
少し左に引っかけて、斜面からのセカンドは40ヤードのショート。
そこからピン下3メートルに乗せて2パットのボギー。
この最終ホールは、『ここをボギーで上がれたら、アウト・インともに50が切れますからね!』と、プレッシャーをかけました。
でもTさんは、頑張ってそのプレッシャーに打ち克ち、見事両方のハーフで50を切り、トータル98で廻ってみせました。

今まで書いてきたコラムの内容が、ここまできれいに実践されると感動すら覚えます(笑)
100切りのための戦略しかり、初心者にとってのアプローチとパッティングの重要性しかり。
無理をしないで刻む。アプローチが上手くゆけば、楽なパッティングラインが残り、結果としてスコアがアップする。
そのすべてが目の前で具現化されて、本当に嬉しかったです。
皆さんもオーシャンゴルフアカデミーにお越しになって、上達してみませんか?

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ