まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

リノベーション済み中古住宅を買うときに必要な手続きは?

2016年3月8日

リノベーション済み中古住宅を買うときには、どんな手続きがあるのでしょう。売買契約から、新居へ入居までの主な流れを見ていきましょう。

中古住宅の購入を決断、不動産仲介業者に「購入申込書」を提出

気に入った物件が見つかり、購入を決断したなら、不動産仲介業者に「購入申込書」を提出します。これは売主に対して、この物件を購入したいという意思を示すものです。

新築物件の場合、申込証拠金が必要になるケースがほとんどですが、中古物件の場合、申込証拠金の支払いは発生しないのが一般的です。

購入申込みは、他の購入希望者に対して優先順位を確保するためのもので、キャンセルすることも可能です。しかし、この申込みを受けて何人もの関係者が動き出すことになりますから、安易に考えるべきではありません。

なお、この申込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的です。

重要事項説明を受け売買契約締結、手付金を支払う

購入申込み後、購入の意思が変わらなければ売買契約を結ぶことになります。その際、締結前に購入する物件について、宅地建物取引士から重要事項の説明を受けます。

購入物件についての権利関係から設備に関することまで説明は多岐にわたります。

後々のトラブルを避けるためにも、重要事項の説明をよく聞いて、気になる点があれば確認をしておきましょう。

重要事項の説明をうけた上で、合意をしたら売買契約を結びます。契約の際には、通常「手付金」を支払います。相場は物件価格の5~10%程度です。売買契約後にキャンセルした場合、この手付金は返金されません。

住宅ローンの審査と入居

売買契約の締結が終わったなら、金融機関に住宅ローンの本申し込みをします。

事前審査によって内定を受けている場合でも、改めて本審査が行なわれることになります。そして、本審査で承認されれば、金融機関と正式なローン契約を結ぶことになります。

そして「残金決済」。これは、物件の購入価格から手付金を引いた金額すべてを支払うこと、つまり「住宅ローン実行(融資実行)」ということです。
残金の支払いが確認されたら、物件の引渡しが行われます。引渡しでは、住まいの鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転登記が行われます。
そして、いよいよ新生活のスタートとなります。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ