まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
岡田丈

安心価格でキレイを実現する空間メンテナンスのプロ

岡田丈(おかだたけし)

きれい屋壱番(株式会社 きれい屋)

コラム

なぜ?ハウスクリーニングは高いのか24(札幌からハウスクリーニング激安革命)

当店の考え方

2015年1月25日 / 2015年5月27日更新

掃除の裏技、ビフォー&アフター写真館きれい屋おそうじ日記
お得な情報が満載(登録無料)メールマガジンぜひ、御登録ください!
低予算でハウスクリーニング業を始めてみたい方は[フランチャイズ資料請求 https://mbp-hokkaido.com/kireiya1ban/inquiry/material/

どこのフランチャイズでもロイヤリティーは当然の本部の権利ですし、とってないところを探すほうが難しいので、支払うのが当たり前なんですが、そのロイヤリティの徴収方法は大きく分けて2種類あります。

【定額制】と【変動制】です。

まず後者の【変動制】から説明していきますが、これはよく飲食店やコンビニなどで用いられてる方法で
売上の○%をロイヤリティとして支払う
というものです。
売上のいい月は当然ロイヤリティは高いし、低い月は安くなります。

次に前者の【定額制】です。
これは、読んで字のごとく売上が良くとも悪くとも、毎月決まった金額を収めてくださいね。
と、いう物です。

私が所属していたところは前述したとおり【定額制】だったのですが、皆さんはどちらがお得と思いますかね?
契約の際の説明では。。。

「弊社が変動性にしてないのは、加盟店さんの為なんです。最初は30~40万の売上しか上がらないから例え10%だったとしたら3~4万円のロイヤリティで済みますが、200万とか300万とかになってくると何十万も払わなきゃならないですよね?それが、弊社はいくら売上があっても毎月たったの4万円でいいんです」

相当、お得に聞こえますよね?
夢と希望に満ちているので契約する側も完全に納得して契約をします。
まさか、売上が20万も行かないとは夢にも思わずに。。。

ほとんどが稼げてない掃除屋さんのロイヤリティと考えたときに本部は絶対定額制にしておかなければならない理由が二つほどあるんですね。
1売上がない加盟店からもちゃんとロイヤリティを徴収できる
変動性にしてしまったら、毎月のロイヤリティが1万とか2万とかの加盟店だらけになってしまいます。
2変動制にした場合に考えられる売上の誤魔化しを回避できる。
前述した本部紹介のロイヤリティに見られる売上の誤魔化しと同じように、ごまかしが横行してしまう可能性がある。

このような理由で、稼げない職種のフランチャイズではロイヤリティを定額制にしている業種が多いのだとか。。。

一ヶ月の売上が20万とかしかないのにそこから毎月4万円を引かれてしまうと、相当きついはずです。

更に、定額で引かれるものはそれだけではありません。

弊社会社概要や、各種清掃料金等はきれい屋ホームページからご覧ください。

ハウスクリーニングはボッタくり25へ続く → http://mbp-hokkaido.com/kireiya1ban/column/2659/

ハウスクリーニングはボッタクリ トップ →http://mbp-hokkaido.com/kireiya1ban/column/426/

【コラム】

ハウスクリーニングに革命を→http://mbp-hokkaido.com/kireiya1ban/column/82/
主婦の負担を減らす、家事の外注化について→ http://mbp-hokkaido.com/kireiya1ban/column/99/

この記事を書いたプロ

岡田丈

岡田丈(おかだたけし)

岡田丈プロのその他のコンテンツ

Share

岡田丈のソーシャルメディア

rss
おそうじ日記
2018-01-14
facebook
Facebook